民主労総ゼネスト情報(2017年7月20日)

民主労総ゼネスト情報(2017年7月20日)

●「労働者の本」代表・イジニョン氏が無罪で釈放かちとる!

 

 7月20日、今年1月に「国家保安法違反」で不当逮捕され勾留されていた鉄道労組組合員であり、オンライン図書館「労働者の本」代表のイジニョンさんがついに出獄をかちとった。(上写真中央)
 この日、ソウル南部地裁は検察による懲役2年の求刑を退け、無罪判決を宣告した。不当逮捕から半年間、獄内外の闘いでかちとった勝利だ。
 イジニョンさんは昨年11月、多くの鉄道労組組合員とともに来日し、国際共同行動に参加した仲間だ。(下写真:昨年11月5日に千葉市で行われた国際連帯集会、壇上右端がイジニョンさん)


 検察は、イジニョンさんが『資本論』などマルクスやレーニンの文献、『ロシア革命史』などをインターネット上にアップして多くの人びとが閲覧できるようにしたことについて、「真の目的は暴力革命による資本主義体制の転覆」にあるとして国家保安法を用いた弾圧を行った。これは同時に、ストライキでパククネ打倒の闘いの先頭に立った鉄道労組に対する攻撃そのものとしてあった。
 民主労総はこの判決を受けて論評を出し、「問題は国家保安法それ自体だ」「ムンジェイン(文在寅)政権はすべての良心囚を釈放し、国家保安法を直ちに廃止しなければならない」と突きつけた。国家保安法廃止へ体を張って闘う韓国の仲間と連帯を強めよう!

 

全国協ニュース第128号(2017年7月17日)

全国協ニュース第128号(2017年7月17日)

   

8・6広島-8・9長崎闘争へ

都議会議員選挙―北島邦彦候補が2496票を獲得―新しい労組拠点建設を

 7月2日に投票が行われた東京都議会議員選挙で北島邦彦候補(東京西部ユニオン副委員長)は、安倍打倒・小池打倒のゼネストと革命をやりぬく新しい労働者の政党をつくろうと全力で訴え、2496票の杉並区民の熱い支持を獲得した。
 私たちが掲げた「安倍を監獄へ!」のスローガンは、今の政治と社会に対する全労働者階級人民の根源的な怒りを決定的に解き放つものとなり、ついに巨大な安倍打倒情勢を切り開いた。
 都議選は広島弾圧と3名の関西合同労組の仲間の逮捕―起訴攻撃という渦中で闘われてきた。選挙戦は共謀罪攻撃という激しい弾圧とそれを真っ向から反撃する闘いとして展開された。大坂さん、星野さんは無実だの大宣伝をこの都議会議員選挙でやり抜いた。

民主労総ゼネスト情報(2017年7月9日)

 民主労総ゼネスト情報(2017年7月9日)

●全国で民衆大会を開催、社会的ゼネスト経て新たな闘いへ

 7月5日~8日、民主労総の呼びかけた社会的ゼネストの総括集会として光州や大邱、釜山など全国で民衆大会が開催された。
 ソウル・光化門広場では7月8日、民衆総決起闘争本部と万ウォン行動(最低賃金1万ウォン・非正規職撤廃共同行動)が主催する民衆大会が開催された。スローガンは「最低賃金1万ウォンをかちとろう! サード配備撤回! 農民・ペクナムギ氏への国家暴力責任者処罰! 露天商パクタンスンさん(死亡事件の)真相究明と責任者処罰!」だ。

全国協ニュース第127号(2017年6月26日)

全国協ニュース第127号(2017年6月26日)

  

7・2投票の都議会議員選挙決戦に総力決起を!

東京西部ユニオン副委員長・北島くにひこさんの当選を勝ち取ろう!

 6月21日、議事堂レストラン解雇撤回闘争の不当労働行為救済申立書を東京都労働委員会に提出した。同日東京都小池知事に対して団体交渉の申し入れを行い、都庁記者クラブで記者会見を開いた。小池との全面激突の闘いが始まった。
 小池は6月20日に緊急の記者会見を開催し、市場の豊洲移転強行を発表した。許しがたいことは「築地を守る」と言いながら環状2号線を築地に開通させ、東京オリンピックの駐車場にしてしまうという最初からの方針を打ち出しながら、オリンピックが終わった後の2022年に築地を再整備して豊洲と築地の二つの市場を併用にしていく案を発表した。しかし誰がこんな出鱈目な提案を信じるというのか? 築地を更地にして現在築地市場で働いている業者や労働者をたたき出すための豊洲移転でしかない。更地にして駐車場にした後の5年後に築地市場を新たに作るわけがない。財源も何も示されていない。わかっていることは豊洲に移転したら90億円を超える赤字が毎年累積していき、11市場全部が民営化されるということだ。小池は市場そのものを解体、民営化しようとしている。そういう丸ごと民営化の攻撃として豊洲市場移転を強行し、本丸の都営交通民営化を行おうと言うのだ。しかし、築地の業者、労働者の怒りは激しく深い。現実問題として築地で働いて生きていく以外に選択肢がない労働者が沢山いるのだ。豊洲移転絶対反対の闘いはこれからだ。戦争と丸ごと民営化を絶対に許さない闘いを組織することは可能だ。日本共産党は「小池さんありがとう」と言い続け、小池の「市場戦略本部」が出した非現実的な築地再整備案が可能であるかのように宣伝し、小池にすがり続けてきた。日本共産党はいまだに小池を批判できない。豊洲移転絶対反対! 東京オリンピックはやめろ! 都営交通民営化絶対阻止! を掲げて合同・一般労働組合全国協議会の旗を築地に打ち立てよう!

民主労総ゼネスト情報(2017年06月15日)

民主労総ゼネスト情報(2017年06月15日)

●「積弊を清算し、民衆の社会を!」民衆総決起闘争本部が2017民生大会を開催

 6月13日ソウル駅広場で、民衆総決起闘争本部の主催する2017民生大会が開催された。
 「積弊を清算し、民衆の社会を!」というスローガンを掲げたこの大会には、事前集会を行った民主露天商全国連合、農民、市民社会団体などが結集し、民主労総も旗を掲げて合流。参加者は

△最低賃金1万ウォン実現△非正規職撤廃、労働組合の権利保障
△農民ペクナムギさんの虐殺事件の責任者処罰
△アメリカからのコメ輸入即時中止△露天の取り締まり中止
△サード配備撤回、朝鮮半島の平和実現
△良心囚釈放

などを求めた。