カテゴリー: 郵政非正規ユニオン

10月1日、郵政非正規ユニオンは東京多摩支店包囲デモに決起しました!

  10月1日、郵政非正規ユニオンが中心となって支援の労働者が多数参加して怒りが爆発しました。朝9時に「京王線中河原駅前」に結集した仲間は、直ちにデモに出発しました。今日は、東京多摩支店包囲デモの日なのです。

 9月は、明治公園6万決起を軸にものすごい闘いの月間となりました。郵政非正規ユニオンは、どの闘争でも先頭に立ちのぼり旗を押し立てています。皆が斉藤委員長を待っています。そして、斉藤君は必ず皆を元気にさせます。今では、彼の言う「数万人を組織しよう」という訴えがあながち夢ではないと思えてきたから不思議です。それから、老いも若きも一緒になって立ち上がろうという提起もすごいものがあります。年は関係ない、心が若ければ青年なんだ。それと真の青年が団結してがんばろうと言うのです。

 東京多摩支店の正門前に登場したデモ隊は、震え上がって出てこれない当局に対して「18名の雇い止め解雇を撤回せよ!大工原課長の脅迫・暴言を撤回せよ!」の大抗議コールをたたきつけました。

      

 

                   齋藤委員長ら18名の解雇に対する抗議声明

     日本郵便株式会社東京多摩支店長                      2011年10月1日
                榎春芳殿                        郵政非正規ユニオン執行委員会
 郵政非正規ユニオンは6月15名の雇い止め解雇に続く、9月30日の齋藤委員長を初め3名の雇い止め解雇を徹底的に弾劾する。雇い止めを直ちに撤回せよ。
 会社は、9月30日を期して齋藤委員長をはじめ3名の雇い止め解雇を行ってきた。
 この雇い止め解雇は、解雇権を乱用し郵政非正規ユニオンを破壊するために齋藤委員長らを雇い止めにしたものである。
 今回の雇い止めは、「赤字の為」という口実があまりにも見え透いたウソであるために、「業務能力を考慮して人選した」という理由をこじつけてきた。しかもこの人選は、8月11日に「組合を俺は絶対に認めない」「アルバイトの分際で組合なんか作りやがって」等と、一貫して組合潰しを行ってきたゆうパック課大工原課長、同新岡課長代理らが人選を行ったのである。
 能力を考慮した人選なるものは全くの口実であり、事実齋藤委員長らは業務においても雇い止めにされるような理由は全くない。
 現場は今までの4人の作業班シフトの2人を削減し、2人で出来るかどうかの訓練が行われているが、あまりの無謀なやり方に社員は怪我人が出るのではないかと危惧している。
 業務をこのような混乱に陥れ、あえて齋藤委員長ら3名を雇い止めにしたのは組合を潰すことを目的にしたからである。
 労働組合法第7条1項では、労働組合に加入しもしくは組合を結成した事、組合の為に正当な活動をした事を理由として、その労働者を解雇したり不利益な取り扱いをすることを禁じている。
 4項では、労働委員会などに申立をした事等を理由として解雇することは禁じられている。今回の雇い止め解雇は会社ぐるみの不当労働行為である。
 また、今回の雇い止め解雇は、2003年厚生労働省告示第357号「有期労働契約の締結、更新及び雇い止めに関する基準」(契約期間についての配慮)の第4条では、使用者は有期労働契約(当該契約を1回以上更新し、かつ、雇い入れの日から1年を超えて継続勤務している者に関わるものに限る。)を更新しようとする場合においては、当該契約の実態及び当該労働者の希望に応じて、契約期間をできる限り長くするよう努めなければならない、と明記されており一方的な契約解除は厳しく制限されている。
 齋藤委員長ら3名は1年を超えて継続勤務しているにも関わらず、何の事前の話しもなく一方的に雇い止めを通告してきた。
 6月15名の雇い止めもこの厚生労働省「告示」を悪用し勤務が1年になる前に全員雇い止めにしたのである。
 今回の齋藤委員長ら3名の雇い止め解雇は、解雇権の乱用であり労働組合法7条違反の不当労働行為である。
 郵政非正規ユニオンは直ちに18名全員の雇い止め解雇の撤回と、大工原課長の「アルバイトのクズども」なる暴言を謝罪し撤回することを強く要求する。
                                              以上

9・29郵政本社抗議デモが大成功!新調デモコール新橋に鳴り響く!

 9月29日、郵政本社抗議デモが行われました。郵政非正規ユニオン齋藤委員長他18名の解雇を撤回せよ!「アルバイトのクズが!」などの暴言は許せない!を掲げて元気一杯のデモが展開されました。

 今回の特徴は、新調デモコールの圧倒的なアピール力です。青年が工夫して次から次へと繰り出す宣伝戦の威力は絶大です。新橋駅前はサラリーマンで溢れかえっていて、待ち合わせ組は勿論レストラン風大喫茶や居酒屋で盛り上がっている組も皆大注目です。中には、店から飛び出してきて口を開けて釘付け状態で見ている人や自分にあっているフレーズのところは思わず一緒になって口ずさんでいる女性の人もいます。

 思い出すと興奮が甦って来ます。 雇い止めとは何なんだ! 労働者はモノではないぞ、労働者は人間だぞ。皆は満足できますか、未来に希望が持てますか。結婚できない、子どもも産めない、・・・こういう人がどれだけいるか。郵政だけでも16万人、全国2000万人。皆でひとつになろう、今ここから時代は変わる、もっともっとつながろう。今から、うちらが革命やろう!

 とにかくすごい迫力だ。前方から見ていると、若者の集団が旗を林立させて、「生きさせろ」の叫びを極めて身近なコールとして表現している。これに皆が引き寄せられるように沿道に出て共鳴している。こんな光景は初めての体験だ。時代は変わってきている。デモ隊と労働者人民は一体となってきている。6万人決起はいたるところで始まっている。

 

郵政非正規ユニオン・ストライキ動画/2011-09-20

先日決行された郵政非正規ユニオンのストライキの動画がyoutubeにアップされました。合同労組八王子の組合員が支援行動中に撮影され労組のサイトに掲載されております。

協議会に送られてきましたので紹介します。解雇を許さず闘おう!

郵政非正規ユニオンNews9号が発行!

郵政非正規ユニオン9号が発行されたので掲載します。

 東京多摩支店 歴史的ストライキが実現した!

 18名の雇い止め解雇を撤回せよ!

 大工原課長の脅迫・暴言を謝罪せよ!

10・1東京多磨支店包囲デモへ総結集しよう!

午前9時  京王線中河原駅前集合

9月20日郵政非正規ユニオン(以下ユニオン)は、支援に駆けつけた仲間70名と共に18名の雇い止め解雇を撤回せよ!大工原課長の脅迫・暴力行為を謝罪せよ!と訴えて24時間のストライキに突入した。
ユニオンは日本郵便16万非正規労働者との連帯を求めて歴史的なストライキを打ち抜いた。
この歴史的ストライキは非正規社員・正規社員の決起と必ず結びつき、分割民営化以降、悪行の限りを尽くしてきた日本郵便会社の支配を根底から揺るがすことは明らかである。
ボロクズ等とさげすまされてきた非正規社員が、非正規という奴隷の鎖を断ち切り決起したとき必ず勝利の道は切り開かれる。
東京多摩支店始まって以来のストライキにも関わらず、会社は妨害することもできずただストライキを遠くからながめているのみであった。

郵政非正規ユニオン、ストライキに突入!

 郵政非正規ユニオンは、ストライキに突入しました。

9月20日午後10時、郵政非正規ユニオンの組合員はストライキに決起しました。東京多摩局前は東京・首都圏から結集した労働者で一杯です。台風到来の雨をものともせずに産別を越えた労働者が多数集まり、ストライキに決起した非正規ユニオンの仲間を激励しました。

 

 

 

ストライキ宣言
2011年9月20日
郵政非正規ユニオン執行委員会

日本郵便と東京多摩支店(以下会社)は、6月以降65歳定年の人も含め20名以上の期間雇用社員の雇い止め解雇を行ってきた。そして齋藤委員長に対しゆうパック課大工原課長の「脅迫」「暴力」行為はなかったと開き直り、会社は返す刀で齋藤委員長の9月雇い止め解雇を行ってきた。
ユニオンは、9月11日臨時大会を開催し圧倒的多数でスト権を確立した。そして本日9月20日午後10時より24時間のストライキに突入する。
20名の雇い止めを撤回せよ!大工原課長の脅迫と暴力行為を謝罪せよ!要求を受け入れない場合は直ちに第二波ストライキに突入する。

9・29郵政本社抗議デモ

9・29郵政本社抗議デモ

 郵便局の16万人非常勤労働者の雇い止め解雇を許すな!

郵政非正規ユニオン 齋藤委員長他18名の解雇を撤回せよ!

「アルバイトのクズが!」などの暴言は許せない!

郵政非正規ユニオンの決起は16万人の郵政非常勤労働者のみならず、すべての産業の労働者の雇い止め解雇を許さない闘いです。
郵政非正規ユニオンの齋藤委員長は「脅迫行為の数日後に雇い止めを通告されました。郵政16万人の非正規職がけんかを売られたわけです。私を脅迫した当 局者はまるで資本主義の悪そのもの。絶対に許さない」と戦闘宣言を発しています。雇い止め解雇を許すな! 非正規職撤廃、青年労働者を機械の部品のように使い捨てにする民営化攻撃と対決して闘おう。

9月29日(木) 午後6時半 集合  午後7時デモ出発

場所  港区桜田公園(JR新橋駅 烏森口すぐ)

呼びかけ

全国労組交流センター・青年部

郵政非正規ユニオン

合同・一般労働組合全国協議会

全国労組交流センター・全逓労働者部会

9・29ビラは次のファイルにあります。

929デモ

郵政非正規ユニオンNews第8号発行!

 郵政非正規ユニオンNews第8号が発行されましたので掲載します。

  9・20午後10時から24時間ストライキに突入!

18名の解雇を撤回せよ!

大工原課長の「アルバイトのクズども」暴言を撤回せよ!

ストライキ通告書

2011年9月15日
郵便事業会社社長
鍋倉真一郎殿
郵便事業会社東京多摩支店
支店長榎春芳殿
2011年9月11日、われわれ郵政非正規ユニオンは、臨時大会を開催してストライキ権を確立しました。
6月末、貴社は非正規職員15名を不当にも雇い止め=解雇したのに続き、さらに争議中である郵政非正規ユニオン齋藤執行委員長を含む3名の非正規職員にたいして9月いっぱいをもっての雇い止め通告をしてきました。これらは労働者から生きる糧を奪い取る許す事のできない不当な行為であり、解雇権の濫用です。

郵政非正規ユニオンNews第7号発行!

郵政非正規ユニオンNews第7号が発行されましたので掲載します。

圧倒的多数でスト権を確立!

6月15名、9月3名の雇い止め=解雇を撤回せよ!

大工腹課長の「アルバイトのクズども」「アルバイトの分際で組合なんか つくりやがって」などの暴言を撤回し、謝罪せよ!

郵政非正規ユニオンは、6月末15名の雇い止め=解雇に続き、9月末に齋藤委員長を含む3名の雇い止め=解雇通告に対し満腔の怒りを込めてストライキ体制を確立しました。
9月11日午前、郵政非正規ユニオンは執行委員会を開催し、不当・違法な雇い止め=解雇撤回、大工原課長の暴言の撤回と謝罪を求めてストライキで闘う方針を決定しました。そして、直ちに午後、臨時大会を開催し、ストライキ権確立の一票投票を行い、圧倒的多数でスト権を確立しました。
郵便事業会社東京多摩支店による非正規社員の雇い止め=解雇には、一片の正当性もありません。8月12日のA氏の「脅迫「暴力」行為、そしてその後の大工原課長の「アルバイトのクズども」「アルバイトの分際で組合なんかつくりやがって」なる暴言は、非正規労働者が組合を結成して解雇撤回に立ち上がったことに憎しみを抱いて、組合つぶしを狙った不当労働行為であることは余りにも明白です。

郵政非正規ユニオンNews NO6号発行!

郵政ユニオンNews NO6号が発行されましたので、掲載します。

第三回団体交渉報告

大工原課長、新岡課長代理の「脅迫」「暴言」はなかった!(中川業務企画室長)

東京多摩支店で働くみなさん!
なんというウソつきの会社なのか!
8月31日の第三回団体交渉で中川業務企画室長(以下は中川氏)は、8月12日のA氏の「脅迫」「暴力」については認めました。しかし大工原氏と新岡氏の「脅迫」「暴力」についてはなかったと開き直りました。
ゆうパック課のみなさん、思い出して見て下さい。8月12日の勤務終了後の早朝ミーティングで、A氏の齋藤委員長に対する「死ね」「殺してやる」等の脅迫・暴力行為について、新岡氏は「喧嘩両成敗で二人には辞めてもらう」と当日の勤務者の前で発言しました。これは誰でも知っている事実です。
大工原氏の脅迫・暴言も社員のいる前で行われたことであり隠しようがない事実です。
この大工原氏の行為については中川氏も団体交渉の中で、「大工原氏は熱くなったようだ」と認めました。
しかし、このようなウソはあまりにもお粗末であり早晩崩れ去ることは明らかです。
会社は何故このようなウソをつくのでしょうか。大工原氏や新岡氏の「アルバイトの分際で組合なんか作りやがって」A氏の「齋藤委員長は組合を作って威張っている」等の暴言を大工原氏らは容認してきました。これは、労働組合法第7条1項、3項に違反する不当労働行為です。これを恐れて会社はウソをついているのです。
さらにそのウソを覆い隠すために齋藤委員長を雇い止めにしたのです。

郵政非正規ユニオン、8・31第3回団体交渉と労働委員会第1回報告

 

      郵政非正規ユニオン、8・31第3回団体交渉と労働委員会第1回調査報告

                                合同・一般労組全国協議会事務局長  小泉義秀

       郵政非正規ユニオン第三回団体交渉報告

  8月31日10時より、いつもの外会場で第3回目の団体交渉が開かれた。団体交渉の焦点の第一は齊藤委員長に対する雇い止め通告を撤回しろという要求に対する回答である。第二はペリカン便出身の労働者・有光の齊藤委員長に対する暴行・脅迫を当局の責任で謝罪させるという問題。第三は大工原ゆうパック課課長の暴言・暴行の謝罪と撤回である。この三点について中川業務企画室長は第一の齊藤委員長に対する雇い止め通告は撤回しないと述べた。第二の有光の脅迫・暴言について、「死ね、殺してやる」と有光が述べたことは認めた。しかし『お二人の間に入ってですね、謝罪を求めるようなことはしない』と、当局の責任で謝罪をさせることについては拒否し、厳正に対処すると述べた。有光を処分するということである。当局の責任を曖昧にし、有光個人の責任に転嫁し、うやむやにしようというのだ。これは新岡課長代理の『喧嘩両成敗だ』発言と合致する。ペリカン便出身者が郵政非正規ユニオンに敵対的な態度をとってきたのは当局が助長、扇動してきたからだ。有光の行動は郵政当局の組合敵視の顕在化なのだ。しかもその上中川は、大工原発言も新岡発言も無かったと開き直った。第三の大工原の「この屑が、アルバイトの分際で組合なんか作りやがって」という暴言については本人から事情を聴いたところ、無かったというのだ。さらに近くにいて大工原の暴言・暴行を止めに入った課長も「そういう話は聞いていないと言っている」と述べた。この大工原発言は明白な不当労働行為であるため、当局は事実を隠ぺいし、白を黒と言いくるめることにしたのだ。しかし真実は一つだ。必ず真実は暴かれる。われわれは大工原発言、耳元で2時間も大声でどなった暴行を絶対に許さない。(私は第3回団体交渉には参加していない。団交報告は録音と音声反訳メモを参照した)。