5・12組合弾圧を弾劾 兵庫県警は組合員をただちに釈放せよ! 共謀罪の先取りだ

5・12組合弾圧を弾劾する!

兵庫県警は許支部長、多賀執行委員、山本組合員をただちに釈放せよ!

共謀罪の先取り弾圧を粉砕し、朝鮮侵略戦争を阻止しよう!

関西合同労働組合執行委員会

5月12日早朝、兵庫県警は関西合同労組阪神支部の許(ホ)支部長、多賀執行委員、山本組合員(婦人民主クラブ関西協議会代表)を不当逮捕した。そして組合本部、組合員の自宅など不当捜索し、組合大会の議案書はじめ大量の物品を押収した。これは3月7日の春闘統一行動でかねひろ運輸に申し入れしたことが「建造物侵入罪」だとデッチ上げた完全な組合弾圧だ。

関西合同労組執行委員会と全組合員は満腔の怒りをもって徹底弾劾する!兵庫県警とかねひろ運輸資本を絶対に許さない!これは戦争に向かって安倍政権が強行成立させようとしている「共謀罪」の先取りだ。労働者が団結して行動することそのものを「犯罪」として弾圧し、戦争に突き進む攻撃なのだ。

3月7日当日、かねひろ資本の通報で多数の警察官が来たが、組合活動と聞いて何もできなかった。それから2ヶ月以上が経ってから、戦争情勢が切迫し「共謀罪」めぐる攻防が煮詰まる中で、追いつめられた安倍政権が戦争に最も強固に反対し行動する全国協労働組合=関西合同労組への弾圧に踏み切って来たということだ。とりわけ、阪神支部・許支部長は17年間解雇撤回闘争を闘い抜き、韓国民主労総との労働者国際連帯闘争を先頭で闘ってきた誇るべき指導者だ。その彼に手をかけてきたことを我々は絶対に許さない!

関西合同労組組合員は不当弾圧があった12日当日から西宮警察署に結集し、組合の総力、団結の力を発揮して3名の組合員を奪還する闘いに入っている。さらに関西労組交流センター、婦人民主クラブ全国協、全水同盟など全関西の仲間が連日西宮に結集し、共にこの弾圧に抗議し奪還しようと労働者や地域住民に訴えている。しかし5月13日、兵庫県警は3人の勾留延長を決定した。怒りは沸点に達している!

5月20日、かねひろ弾圧弾劾し西宮警察署を包囲するデモに闘う労働組合、闘う労働者人民は総結集しよう。弾圧粉砕!3人を直ちに取り戻そう!

全国の仲間たち!支配の危機ゆえの弾圧を労働者階級勝利のチャンスに変えよう!戦争とそのための共謀罪を労働者人民の怒りでぶっ飛ばせ!東京都議選勝利!腐れきった資本家と安倍政権を打ち倒すゼネスト決起へ突き進もう!

2017年5月17日 

関西合同労働組合執行委員会