民主労総ゼネスト情報(2017年9月25日)

民主労総ゼネスト情報(2017年9月25日)

●労働基本権の奪取へ、建設労組が決意大会

 21日の午後、ソウル・ヨイドに全国から建設労働者が集まって決意大会が開催された。日本と同様に、韓国においても建設労働者の労働基本権は保障されておらず、危険な職場での労災も多く発生している。こうした現実を変えるために、建設労働者法の改定をはじめとした法的な処遇改善が死活的なテーマとなっているのだ。大会には建設労総連盟委員長はじめ、民主労総のキムウクドン副委員長、タワークレーン労組、建設企業労組、建設機械労組、プラント建設労組など3千人あまりが結集した。大会後にはデモも行われた。(写真)

●メディア労働者のゼネスト、2週間を超え連帯を拡大

 22日、ゼネスト開始から20日目を前に、KBS、MBCの労組と市民がソウルで文化祭を開催した。イミョンバク政権時代の、報道・文化・芸能人の「ブラックリスト」作成が明るみに出る中、その当事者であるMBCの解雇労働者たちが発言に立った。両労組は理事長退陣、理事会解体を掲げて一糸乱れず闘いを継続し、言論労組KBS支部は本社前で連日集会を行っている。

●農民ペクナムギさん1周忌、民衆大会・追悼集会を開催

 23日、ソウルで「積弊清算 反米反戦 民衆生存権をかちとろう ペクナムギ農民1周忌民衆大会」「命、平和の人 故ペクナムギ農民1周忌追悼集会」がそれぞれ開催された。これらに先立って全国農民大会も開催され、農民たちも11月18日の民衆総決起大会に向かって新たな闘いを開始した。