現地速報! 6・19フクシマ大行動は燃えてます!

フクシマ現地から、6・19大行動へ向けて奮闘中の速報がはいりましたのでお知らせします。 現地の高揚が目に映るようです。

本日は高校ビラ撒きから始まり、夜はいわき市内のデモ700人と合流しました。
高校ビラはなんと300枚が入りました。受け取った高校生らの中には、6・19のビラを見て[どんなかぶり物がいいか]と話しあう高校生もいました。これだけ大量のビラが入ると学校の中は[話題沸騰、校内騒然]ではないかな!!
いわきのデモは500人の予定が実数で700人と膨れ上がりました。また、赤い労働組合旗が目立つ集会でした。さらに赤い腕章の青年労働者が多数参加し会場整理の先頭に立って動き回っていました。オーソドックスな労働運動を見ました。これは周知のことでしょうが 全学連が福島大に登場し多数の署名、参加の声が上がっています。原発問題=新自由主義は激しく分岐を作り出しています。まさにマルクスが言ったように、今労働者が社会の主人公=[墓堀人]となる時がきた!!!…。
福島は燃えています。残る3日間走って走って走り抜こう。では

今日はJR郡山工場の朝ビラ撒きから始まりました。ビラの受けとりはとてもよいです。
その後に、学校回りを行いました。いくつかの学校の運動場で表土を削っていました。しかし、持っていく場所がなく運動場の片隅に積み上げられています。何度も削ることになればどうなってしまうのか明らかです。
こんな空気も水もいいのどかな田園風景を見ていると本当に[故郷を返せ]は心に響きます。絶対に東電=原発を許せません。それでは、また。