8・6ヒロシマ大行動は、シンディ・シーハンさんを迎え大成功をかちとりました!

「8・6ヒロシマ大行動」は、一度では紹介しきれないほどの内容一杯の闘いとなりました。今でも感動はおさまらず体のどこかには「原発いらない・・・」のコールが焼き付くかのように残っています。このなかで、全国協は全力で「8/5合同・一般労組産別集会」を開催し圧倒的な成功を勝ちとりました。他にも、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議8・5結成集会(略称・NAZEN)」の結成集会や「全国青年労働者交流集会」「全国学生集会」「各産別集会」等々が開催されました。これらは、各種の報道を通して明らかになっていくと思いますが、ここでは、ほやほやのヒロシマ行動の写真と「合同・一般労組産別集会の基調報告」を添付しておきます。

5日午後の闘う合同・一般労組産別集会では、基調提起につづいて討論が行われました。写真は福島からの報告です。

5日の夕方に「すべての原発いますぐなくそう!全国会議8・5結成集会(略称・NAZEN)」の結成集会が開催されました。

5日夜は、市内で全国協議会の交流会を持ちました。皆、元気いっぱいです。

6日の原爆ドーム。早朝に菅首相の来広弾劾デモを闘った後に、このドームの反対側で午前の弾劾集会が行われました。

6日午前。原爆ドーム前での集会ではアメリカの「反戦の母」シンディ・シーハンさんが発言しました。原発も核も労働者が世の中を変えることで止められる、との訴えには感動しました。

6日、広島体育館小アリーナでの「大集会」。上は福島で反原発「生きさせろ」を闘う労働者からの発言です。

6日、平和公園資料館前で市内大デモをやりぬき後続のデモ隊列を迎え入れて、最高に盛り上がっているとことです。1685人の参加者がそろい、鳥肌が立つほどの興奮に包まれました。

「基調提起」を添付します。2011/8/5広島 産別労働者集会-闘う合同・一般労組交流会基調提起