9・29郵政本社抗議デモが大成功!新調デモコール新橋に鳴り響く!

 9月29日、郵政本社抗議デモが行われました。郵政非正規ユニオン齋藤委員長他18名の解雇を撤回せよ!「アルバイトのクズが!」などの暴言は許せない!を掲げて元気一杯のデモが展開されました。

 今回の特徴は、新調デモコールの圧倒的なアピール力です。青年が工夫して次から次へと繰り出す宣伝戦の威力は絶大です。新橋駅前はサラリーマンで溢れかえっていて、待ち合わせ組は勿論レストラン風大喫茶や居酒屋で盛り上がっている組も皆大注目です。中には、店から飛び出してきて口を開けて釘付け状態で見ている人や自分にあっているフレーズのところは思わず一緒になって口ずさんでいる女性の人もいます。

 思い出すと興奮が甦って来ます。 雇い止めとは何なんだ! 労働者はモノではないぞ、労働者は人間だぞ。皆は満足できますか、未来に希望が持てますか。結婚できない、子どもも産めない、・・・こういう人がどれだけいるか。郵政だけでも16万人、全国2000万人。皆でひとつになろう、今ここから時代は変わる、もっともっとつながろう。今から、うちらが革命やろう!

 とにかくすごい迫力だ。前方から見ていると、若者の集団が旗を林立させて、「生きさせろ」の叫びを極めて身近なコールとして表現している。これに皆が引き寄せられるように沿道に出て共鳴している。こんな光景は初めての体験だ。時代は変わってきている。デモ隊と労働者人民は一体となってきている。6万人決起はいたるところで始まっている。