3・24鈴コン支援集会が195名で大成功!「鈴コン闘争支援・連帯共闘会議(準)」が発足!

 3月24日、鈴コン支援連帯集会が開催され、「鈴コン支援・連帯共闘会議(準)」の発足が勝ちとられました。鈴コン闘争のDVD上映に始まり、北部地区の労働組合として精研労組委員長の開会挨拶、世田谷地区労の花輪不二男さんの主催者挨拶、動労千葉田中委員長の特別アピール・・・から、鈴コン分会の組合員の決意表明と続く闘いの息吹はまさに圧巻であり、参加した195名全員が「闘えば勝てる」ことを強く確信するものとなりました。

鈴コン集会で誰もが感じる“明るさ”と“労働者魂”はどこから生まれるのでしょうか。それは、新自由主義の攻撃に対して絶対に屈しないということであり、逆に「勝ちに行く」という戦闘性にあると思います。鈴コン分会に接すればこそその闘いの歴史は平坦でなかったことが分かります。襲いかかる反動の全てを新自由主義との闘いとして明確にしてことごとく乗り越えて、ついに3カ月雇用の職場に労働組合を作った。これが非正規職撤廃闘争勝利の地平を切り開く決定打になっているのです。

 それから、「鈴コン支援連帯共闘会議(準)」の結成は非正規職撤廃闘争の全国闘争体制の形成ということです。郵政非正規ユニオンと埼玉で闘うジェコー・ショーワの発言は、まさに鈴コン闘争と一体となって闘う非正規労働者の決意を高らかに宣言するものとなりました。

「鈴コン支援連帯共闘会議(準)」は、6000万労働者階級とりわけ2000万の非正規労働者が一つになって非正規職撤廃闘争に立ち上がり、新自由主義を打ち倒し労働者の未来を切り開く闘いです。共に闘いましょう。