A君の不当逮捕弾劾!A君をただちに取り戻そう!4月15日千葉中央署を圧する40名の大抗議闘争を実現しました!

 4月15日、11時から40分間、「A君の不当逮捕弾劾!ただちに取り戻そう!」を掲げた千葉中央署抗議闘争がちば合同労組の呼びかけで勝ちとられました。権力への怒りは激しく、A君への連帯はどこまでも熱く、中央署正門前での抗議行動はまさに警察署全体を揺るがすものとして展開されました。まず、即時奪還!を掲げた「申し入れ書」が断固たる決意をもって読み上げられました。これこそA君に届けというものであり、この一声をもって獄の内外が一体となった大抗議行動が始まりました。各地区ユニオンの発言は、A君への限りなき団結と連帯にあふれるものと同時に、権力へのほとばしる怒りを爆発させるものとしてありました。そして、この熱烈な抗議行動はA君に完全に届きました。15日12時からの弁護士接見では「聞こえました。誰が発言していたかも分かりました」と元気に答えていたということです。

 A君は自らが生きる為の闘いを渾身の力を振り絞って貫いて来ました。非正規職という困難な状況下において、家族を支え自らも自立していくものとして全力で闘っていました。

 だが、権力はこのA君の苦闘を全くデタラメなでっち上げ弾圧をもって踏みにじり、許し難いことには家族への恫喝をもってA君を活動から引かせ、あわよくば労働組合を破壊しようと企てたのです。容疑は「電磁的公正証書原本不実記録」(転居先に住む意志もないのに虚偽の住所を記した転居先に住民登録した)というものであり、A君を逮捕するためにこそでっち上げた容疑だったのです。

 A君がその闘いを通して突きだしているものは実に教訓的です。それは、A君への弾圧が生活=家族破壊と直結しており、それが同時に労働組合の壊滅と一体だということです。そして、これが新自由主義攻撃の本質であり、青年労働者が等しく置かれている状態なのです。だからこそ、生きることをかけた闘いと労働組合をめぐる闘いを一体のものとしてとらえ、労働組合の拠点化をめぐる決戦に突き進むことが一切の核心になる、ということなのです。

 A君の勾留理由開示公判は、4月20日(金)です。A君の不当弾圧弾劾!即時釈放!を掲げて、大挙して結集し、A君を取り戻そう!