「復帰」40年沖縄闘争!3日間の闘いを報告します!なんぶユニオン

なんぶユニオンからの投稿を掲載します。

    「復帰」40年沖縄闘争に参加(投稿)

 全国協議会の仲間の皆さん。連日の奮闘ごくろうさまです。沖縄で三日間の闘いに参加しました。その報告と写真を投稿します。
なんぶユニオンでは委員長を先頭に「復帰」40年の沖縄闘争に参加しました。
初日は午後4時に県庁前ひろばから集会後デモに出発。沿道の途中では多数の市民が激励を送ってくれ学生や生徒さんたちの飛び入り参加をしてくれました。
与儀公園に到着、つづいて隣の那覇市民会館で開催された「5・12沖縄集会」に参加。途中、「星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議」の挨拶では全国から結集した支部の皆さんたちと一緒に登壇し星野さんの一日も早く奪還することを訴え、星野さんからのメッセージをとどけました。決意表明では沖縄現地から「動労千葉を支援する会」や労組の結成の報告と決意が表明されるなど本当に感動的な発言がつづきました。
13日は、世界一危険な空港・普天間米軍飛行場を見学し世界一危険な飛行機・オスプレイの配備を許さない闘いへの決起を誓う。
昼過ぎからは、宜野湾海浜公園屋外劇場で開催される「2012年5・15平和行進および平和とくらしを守る県民大会」に結集。県民・労働組合、全国から結集した人々とともに大会をかちとる。昨夜お話をされた國分俊樹さん(福島県小学校教諭)が登壇し、会場の目をさまさせる「歌」で会場をひとつにひきつけ「福島と沖縄はともに一緒に闘って勝利しよう」と呼びかけました。
14日は、辺野古会場飛行場建設予定海域のフェンス前で抗議集会につづいて、名護市役所前に集合して名護市内デモに出発。いつも元気な西部ユニオン・鈴コン支部の「オニやん」さんと一緒にデモ行進しました。 東京や全国から協議会に結集する労組員と組合旗が連日の集会とデモの先頭でいつもがんばっていました。
この闘いの成果を6月10日の国鉄集会に結実させよう。さらに協議会の闘いを拡大していきましょう。(なんぶユニオン組合員・T)

(写真 沖縄県庁前からデモに出発する隊列【5月12日】)

 

(写真左 那覇市国際通りデモの先頭を沖縄労働組合交流センターの横断幕が行進 写真右 デモ解散地の隣の市民会館で開催された「5・12沖縄集会」に登壇した「星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議」の挨拶【5月12日】)

    

(写真左 世界一危険な空港・普天間米軍飛行場。基地飛行場の回りに沖縄県民の住宅や建物が360度密集している現地が一望に確認できる丘から。 写真右 「2012年5・15平和行進および平和とくらしを守る県民大会」に全国から3000人の労働者市民が参加【5月13日】)

(写真 会場に結集した全国の労組の仲間【5月13日】)

   

(写真 辺野古の海で抗議集会に決起した午前の行動のあと午後に名護市内のデモに出発。 右 私たちと一緒にデモ行進した西部ユニオン・鈴コン分会の「オニ」やん【NAZEN事務局長の手前】。【5月14日】)