9・14動労千葉総決起集会が大成功!10・1外注化攻撃への徹底抗戦を宣言!圧巻は、「事前通告」を受けた全組合員の登壇!

 10・1外注化阻止・非正規職撤廃!へ、2週間決戦を宣言

 9月14日動労千葉は、「10・1外注化阻止!強制出向絶対反対!組織拡大!」を掲げ、総決起集会を開催した。

 田中委員長は、まさに鬼の形相で外注化攻撃を弾劾し、ストライキでもって闘うことを宣言しました。そして、「強制出向のための事前通告」を受けた組合員は全員登壇し、怒りをもって「拒否」したことを報告し、闘う決意を表明しました。

 その上で、確認したことは、長田書記長にも「出向命令」がでていることでした。これこそ、外注化攻撃の狙いが動労千葉破壊にあることを示しています。JR東は、その本質もあらわにして、おそいかかってきたのであり、新自由主義との非妥協・非和解の一大階級決戦は本格的に始まりました。

 強く感銘をうけたことは、解雇通告に等しい「出向発令」を受けた組合員が底抜けに明るく、かつ勝利の確信にあふれていることでした。そして、ここで形成されている団結の強さには胸を打たれました。親組合と青年部が一体となって、外注化攻撃と闘い、団結を固め、組織拡大の展望を切り開いている。 「おれはどうなってもいいが、青年だけは出向させたくない」「職制が通告に来たときに、先輩に助けを求めた」等々の発言のなかに、動労千葉の団結の力をみることができました。

 10・1外注化阻止決戦の核心は、労働組合の戦闘的再建です。全国協は、鈴コン分会の闘いを先頭にして、1千名建設を掲げて闘います。11月1万人結集へ向けて、全力で闘おう!