全国協通信第3号を発行しました!

 全国協通信第3号を発行したの掲載します。

 全国協通信3号

 2・17国鉄集会を突破口に、3月決戦に総決起しよう!

 全国協1000名建設へ、前半戦を全力で闘おう!

 p20130217b 2・17国鉄集会は、650名の結集で大成功でした。動労千葉を先頭とする国鉄決戦が「10・1外注化」をうち破り、第2ラウンドに突入しているわけですが、その意気揚々たる決起はまさに感動ものでした。そして、われらが鈴コン分会が登場しますが、ここには新たに結成された組合が続き、その雰囲気は任侠道映画の舞台
挨拶さながらで、それこそ拍手喝采!鳴りやまぬ歓声!会場が壇上に釘付け!という感じなのです。
 わたし達は、間違いなく新たな労働運動のただ中にいます。階級的労働運動による戦後労働運動の壁の突破という胸躍る過程が、荒々しい労働者の決起とともに目の前に始まっていて、後には陸続とした日本労働者階級の足音が聞こえてくる。
 次は、6・9国鉄全国運動集会です。この5倍10倍を目指して決起しましょう。そして、この中心を青年労働者が担うべく、青年労働者と手をたずさえて進んでいきましょう!
 安倍「成長戦略」の核心と国鉄決戦の意義
 日経新聞(2月15日)の「解雇条件見直し検討(規制改革会議)」は、今日の資本の狙いをあからさまに示しています。それは、資本が解雇に課せられた「規制」をとりはらって、解雇自由の状態にするということです。
 文面では、産業界は解雇規制の見直しを求めている。裁判で解雇が不当だとされた場合に「金銭で解決する」仕組みをつくる。また、10割非正規職化へ、しかも何年でも非正規で雇い続けられる道を開く。果ては、仕事のあっせん時の手数料を企業ではなく求職者側から徴収する(ハローワーク等だ)。
 「解雇」を金を払って自由にやる!9~10割を非正規職に落とし込める!挙句の果てには、再就職は自分の金で何とかしろ!というのだ。
 これが、安倍「成長戦略」の核心だ。ただ、日帝の国際的争闘戦での敗北を背景にしたものであり、その内実は、労働者階級の巨大な反乱=革命への恐怖の現れでしかない。だからこそ、「10・1外注化決戦」の勝利とその地平が重要であり、第2ラウンドをめぐる攻防こそが、一切の帰趨を決めるものとしてある。
 団結権=生存権を守れ!解雇撤回!を掲げ、全国協1000名建設に決起しよう!
 非正規職撤廃をめぐる決戦は、近づいている。今春には、大量解雇情勢を迎え、団結権をめる激しい攻防となる。団結権イコール生存権をかけた、まさに生きる!という死活的課題をかけての絶対的決戦に突入するのです。
 10・1外注化・偽装請負にしても、これをいくら強行し、その破綻を塗り隠そうとも、法律的手立てを尽くそうとも、結局の勝負は労働者の団結をめぐる攻防となります。
 国鉄決戦の国鉄改革法からして、その狙いは、団結の破壊=国労つぶしだったのです。国労は解体され、動労千葉は生き残り、1047名闘争は国鉄全国運動として、戦後労働運動の壁を突破しようとしている。核心は、労働者の団結を軸
に闘いぬいてきたからにほかならない。
 ショーワの中労委反動命令はどうか。派遣法をもって派遣先にはその使用責任はないとして団交を拒否する。これは、非正規労働者に対しその死を宣告するに等しい。では、実態はどうなのか!労働者が偽装請負をもって直接は派遣先=ショーワによって働かされている。そして、ここでの非正規労働者の生き死は派遣先との交渉=団交にかかっている。労働者は闘うことによって団結を得る。そして、団結することによって、その生存権を獲得する。今日、資本は「派遣先(ショーワ)に使用責任はない」として、非正規労働者の命をさえ奪い去ろうとしている。資本が生き延びるためなら、労働者は死ねと宣告しているのだ!
 ジェコーの高橋美和さんの現実はどうだ!夜勤7年間。体を壊した彼女への資本の回答は、解雇だった。高橋さんは、世の女性が自分みたいになってはならないとして立ち上がった。ここに貫かれている闘いの根源的エネルギーは何か。これこそ、団結権=生存権を根底にすえた、非正規労働者の資本との対決の極限的姿なのです。団結権=生存権をかけた根底からの決起は、必ずや非正規労働者の心をとらえることになる。ショーワ・ジェコー職場からの決起を実現し、行田団地を中心とする地域全体をまきこむ総決起を可能とすることになる。
 各ユニオンにおいて、職場闘争を軸に労働相談・街宣活動・組合回り・・が展開され、地区と一体となっての集会や学習会が組まれている。前半決戦といった場合、その基軸は3月決戦です。動労千葉の3月ストライキを中心とした3月大決戦に全国協こそが総決起して闘いましょう。