闘うメーデーここにあり!集会600名、デモ500名で大成功!北部ユニオン書記長 永野佳世子

 今日の5・1新宿メーデーはまさに「闘うメーデーここにあり!」と自信を持って言
える歴史的な大闘争となりました。

 JR貨物本社への抗議行動
p20130501e 朝から各職場での社前闘争やビラまきを行って正午からJR貨物本社へ抗議行動に行きました。平日だというのにその時点で410名の仲間が集まり不当な賃下げ攻撃に対する心の底からの怒りをぶつけました。
 JRは膨大な利益を出しながら貨物は大赤字。民営化大破綻のツケを労働者に押し付けるなんて絶対に許せません!JR貨物はこの間の闘いで賃下げ提案が出来なくなっているとのこと。団結して闘えば勝てることを改めて実感しました。

 解放的デモこれこそメーデーだ
p20130501c 午後2時から新宿中央公園で行われたデモ前の打ち合わせで動労千葉の田中委員長は「JR貨物の賃下げ攻撃は貨物労働者だけにかけられたものではなく、これを認めたらすべての労働者が賃下げされていく。そんなことを認めたらいけないと思って、今日のメーデー行動を提起した。今日までおとなしかった労働者が明日もおとなしいとは限らない。膨大な労働者が怒って今にも立ち上がろうとしている(発言要旨)」と仰っていました。
 メーデーの前日に、街頭で10万筆署名を集めていたら60代くらいの男性が「まだやってるんだ(驚)当時をよく知ってるよ。頑張ってね!」と言って署名をしてくれました。1047名解雇撤回闘争を闘い抜いてきたからこそ、今日のメーデーを闘い取ることができたのだと思います。私はその喜びをかみしめながら新宿の街に繰り出していきました。
p20130501a 新宿中央公園から文化センターまで、約1時間のデモコースには大きな交差点がいくつもあり、数万人の労働者と空間を共有できました。平日の昼間にデモをするなんて滅多にないのでとても解放的でこの姿こそメーデーだと思いました。

 

 感動的な集約集会
p20130501d デモの後のメーデー行動報告・集約集会も感動的でした。集会の冒頭に司会者が「職場の執行委員選挙に当選した!」ことを報告しました。「
 10万筆署名を職場で取り組み100筆の署名が集まった。その署名を通していろいろな話ができたことが当選への力になった。」と、闘いの正義性に圧倒的な確信を持って話す姿がとても誇らしく、自分の事のように嬉しかったです。
 また、解雇撤回を闘う中で仲間が増えたという青年や、自治労スト指令が出たのにストをやらなかったことに対する悔しさを5月のストへ繋げたいという青年。集会は605名の結集で、目標額をはるかに上回る22万円のカンパ。どれをとっても大勝利でした。

 6・9国鉄全国運動大集会で組織拡大を
 過去の闘いによって勝ち取られた諸権利が次々に奪われようとしている今、闘う組合を甦らせ奪われたものを奪い返す時だと思います。今日の高揚感を職場に持ち帰り、闘争の糧にして組織を拡大していきたいです。
 次は、6・9国鉄全国集会の大成功を勝ちとりましょう。