4月26日ショーワ・ジェコー弾劾行動が150名結集で大成功!一般合同労組さいたまユニオン執行委員長・田畑典保

 4月26日、非正規職撤廃4・26行動実行委員会主催の「非正規では生きられな
い! 派遣切りから4年、ショーワ・ジェコー弾劾行動」がのべ150名の参加で大成功しました。さいたまユニオンと埼玉労組交流センターの仲間は、4・26自治労ストライキの支援行動を加須、越谷市役所前で行った後、行田市内へ移動しての一日行動でした。

 さいたまユニオンの「新たな戦闘宣言」とショーワ一周デモ
IMG_5072 昼からのショーワ門前闘争では、さいたまユニオンとして「新たな戦闘宣言」を発しました。ショーワだけではなく、地域全体を巻き込んだ非正規職撤廃闘争の砦として埼玉北部地域の組織化・実力闘争を宣言しました。鈴コン分会や全国協事務局の発言を先頭に、動労千葉や全金本山など各地の闘う仲間からの発言を頂き、ショーワ一周デモを貫徹しました。

 昼集会とジェコーデモ・門前闘争

IMG_5146 午後2時からの集会では、ショーワ・ジェコーの被解雇者が並び、改めて解雇撤回、非正規職撤廃までたたかうことを宣言し、続くジェコーへ向けてのデモ、門前闘争へと打って出ました。
 ジェコー門前闘争では、今年1月7日のさいたま地裁判決を徹底的に弾劾し、階級的労働運動の爆発をかけて、第二次訴訟と控訴審闘争に断固勝利することが高らかに宣言。続く支援の労組からの発言では、資本の「賃下げ・解雇自由」の攻撃に対して、労働者の誇りをかけて粉砕する決意を明らかにしました。

 自治労4・26ストライキと一体の闘い

IMG_5217 今回の行動の核心は、自治労4・26ストライキと一体のものとして、ショーワ・ジェコー闘争が勝ち取られたということです。
 公務員給与7・8%の賃下げとは、争議権と引き換えにした人事院制度を国の側
から破壊し、賃下げ自由というあり方を政府主導で作り出すということです。それは解雇自由、首切り自由につながる攻撃であり、公務員を攻撃することを通して全労働者に対して「賃下げ自由・解雇自由」を強制するということです。公務員の身分保障をすべて覆した時に、安倍が言っている「雇用の流動化(解雇自由)」
の体制が作り出せるということです。

 だからこそ非正規職撤廃・派遣法撤廃は、全産別での賃金破壊、解雇自由、総非正規化に対するストライキ決起を作り出す中にこそある。それこそショーワ・ジェコー闘争が目指したものにほかなりません。
 6・9国鉄全国集会への大結集を
 いまや、6000万労働者の3分の1が非正規職だと言われています。アルバイト、パート、準社員、契約社員、期間工、派遣労働者、請負労働、などなど。
 こうした新自由主義の攻撃が、労働者を差別し、労働者を分断し、組合に結集す
ることを妨げ、資本の搾取度を強烈に強めることのできる背景となっています。
 だからこそ、4・26自治労全国ストとショーワ・ジェコー闘争の合流こそ、6千万労働者階級が非正規職撤廃・外注化阻止・生存権死守でストライキに立ち上がる情勢が来たことを示しています。総反乱は始まった!

 安倍の「賃下げ・解雇自由」の攻撃を許さず、6・9国鉄闘争全国集会の爆発で、非正規職撤廃・安倍政権打倒へ突き進もう!
 各組合、個人でご賛同・ご参加・ご協力頂いたすべてのみなさん、本当にあり
がとうございました。