10月9日小竹労組と団結し、会社弾劾闘争に立つ!

kotake 10月9日、茨城県西地域合同労働組合(県西合同)は9月22日に建交労を脱退し新たに結成大会をかちとった小竹運輸グループ労働組合(小竹労組)と団結し、支援のなかまと共に駅頭街宣と周辺住民へのビラ入れを行なった。

 正午、守谷駅に小竹労組をはじめ東京、埼玉、茨城の組合から十数名が集まり、関東鉄道とつくばエクスプレス双方の改札口があるコンコースで宣伝を開始。西部ユニオン鈴木コンクリ―ト工業分会、小竹労組、東部ユニオン吉崎製作所分会、国鉄水戸動力車労働組合、茨城県連帯労組などからアピールが行なわれ、乗降の労働者にビラを配布。内容は、昨年11月の過労死事件について、月平均190時間の残業を強いて死に追いやった会社の責任を問い、その背景に組合つぶしの攻撃があったということを暴露。そして、「私たちは『物言えぬ従業員』の殻を破り、経営者の搾取、弾圧、未来破壊に徹底的に闘います。」という力強い戦闘宣言だ。ビラをすぐにしまいこまず、歩きながら、立ち止まりながら読む人が多い。議論して11・3労働者集会への参加を訴える場面もあった。

 2時過ぎ、小竹運輸のある坂東市内に移動し周辺住民へのビラ入れと会社への宣伝カーで経営者弾劾の街宣活動。宣伝カーが社前に着くや、職制はじめ在社全員が総出で身構える。効果抜群。住民がビラに理解を示すなど実り多かったと確認、次なる行動の意思一致と団結ガンバローで締めくくられた。

 県西合同は10月6日に開催された第5回大会で、小竹労組支援の特別決議をあげ新たな年度の最初の活動としてこの行動を断固貫徹した。階級的にも距離的にも「最も近い組合」として県西地域に公然と登場し、11月労働者集会総決起に向けた跳躍を開始したのだ。(茨城県西地域合同労働組合   窪寺)