全国協は、北島邦彦候補の勝利へむけ総決起する!

全国協は、北島邦彦候補の勝利へむけ総決起する!

杉並区議補選の開始と北島候補の闘い

IMG_2925 6月22日、杉並区議会議員補欠選挙が告示され、29日の投票日へ向けて選挙戦が始まりました。今補選は3議席に対して  人が立候補する大激戦です。北島候補の選挙闘争は、杉並区のなかに労働組合をつくり、真の労働者の代表として議会に登場することです。

郵政非正規ユニオン・杉並分会結成と児童館廃止攻撃との闘い

BqpN0BfCUAAXxFE 6月16日、杉並区に闘う労働組合が誕生しました。昼に、荻窪郵便局に対し「組合結成通告と団交要請」を行い、夕方には「郵政非正規ユニオン杉並分会結成報告集会」(ユニオン事務所)を開催し、多くの仲間の熱烈な祝福をうけました。

そして、17日には、杉並区内3局(荻窪・杉並・杉並南)への朝ビラをもって、「闘う組合の結成宣言」が電撃的に郵政現場に伝えられました。ビラまき闘争は、実に痛快でした。〈荻窪局では〉6時半に「郵政非正規ユニオン」ののぼりを立て「杉並に新たな分会を結成!結成宣言」のビラまきを開始。出勤する労働者がビラをうけとり、目で追いながら局内に入っていきます。しばらくして、あわてて管理職が2つの入り口に計3人で立ちますが、その前でもうけとっていきます。虚ろになって見守るだけの管理職の姿は、崩れ行く郵政当局のあわれな末路そのものでした。

一方、杉並区の児童館廃止攻撃との闘いは,毎週の杉並区役所での昼街宣と児童館回りを軸にして全力でとりくんでいます。12日の街宣では、元保育労働者が「まったくそのとおりです。児童館全廃はゆるせない」と署名に応じ、交流がはじまりました。

北島邦彦街宣はいつも注目度抜群

19日には、西荻窪駅北口で北島邦彦街宣をおこないました。情勢は一変しています。日を追うごとに訴えへの反応は熱くなっている。とりわけ、安倍の集団的自衛権と石原「最後は金目でしょ」発言です。駅前を通る人が「安倍ボード」―安倍がハイルヒトラーばりに戦車に乗って手を上げている写真―を見ながら、訴えを聞いていきます。石原発言弾劾のところでは、それこそ全体が静かになったかと思うくらいに注目しています。また、署名に応じての会話がいたるところで展開されていて、これもここ数日の大変化です。

 21日、北島邦彦氏を先頭に、安倍たおせ・石原やめろ!の杉並デモを貫徹

区役所前デモコール 安倍の危機は尋常ではない。もはやグラグラで、それこそ政権末期の様相を呈している。21日のデモは、安倍に大打撃をあたえ、石原の心臓をぶちぬくものとなりました。これこそ、北島邦彦候補の真骨頂と言わねばなりません。

全国協に結集する組合員の皆さん!北島邦彦候補の闘いはすさまじいばかりの勢いで開始されています。杉並区内に闘う労働組合の拠点をつくりだし、労働者の団結で安倍政権を打倒していく闘いに、共に立ち上がりましょう!