7/6新宿街宣が大成功!国論二分情勢です。戦争・原発・首切りの安倍をともに倒そう!8・17日比谷大集会への第一弾をやりぬきました!

0706_1[1] 街頭はどうなっているか!との思いをもって、新宿街宣にいきました。すでに、東南口では右翼(?)がマイクをもって「憲法そのものを変えるべき」とやっていて、むしずが走る思いで、あれを黙らせてやろう!との意気込みで、皆が一丸となって始めました。

8・17ののぼり5本を中心に、スローガンのぼり5本で計10本が立ちならびます。14名が結集して開始です。街宣は大きな注目を集めて、ものすごい人通りのなかにうってでていきました。そして、特筆すべきことは、相模原市在住の女性がチケットを購入した上で、一緒になってビラ配りをしてくれました。それから、年配の女性がチケットを買い、4000円を置いていってくれました。

0706_4[1] 初めに、賛同署名をして、チケットを買ってくれた人に会えたときはうれしかった。50代の女性で、昨日の新宿デモに参加したとのことでした。原発は許せないことを述べてくれました。また、30代女性は「TVがなく、新聞も一週間に一度位しか読まないから、どうなっているかわからない」と言ってました。これこそが、現実だと思い知らされました。50代男性は「国民の意見を聞け!」と怒ってました。一方、「オレは安倍支持!」だとか、「中国が攻めてきたらどうするんだ!」と突っかかってくる人もいます。

 

0706_3[1]  「国論二分」情勢だと実感しました。絶対に交わらない二つの見解=戦争か革命かということが本当に始まりました。8・17大集会は、この国論二分情勢に「安倍たおせ!」の旗をたてる歴史的闘いになります。

第二弾 7月20日有楽町マリオン前 第三弾 8月3日渋谷ハチ公前で、時間は15時~17時を予定しています。ともに立ち上がりましょう!