ダイエー・イオン両本社へ、怒りの抗議・申し入れ!全国のダイエー店舗に団結を拡大し、勝利まで闘う! 合同労組八王子・末松隆司

 

  ダイエー八王子は100名の労働者を解雇

IMG_3540 2月15日に閉店したダイエー八王子店は、正社員とパート労働者の一部(A3~A6)を除く100人もの労働者を全員解雇した。ダイエー資本は、他店舗に就職を希望するものには就職を斡旋するとしたが、人員募集している企業を紹介するのみで、自ら就職活動をして採用されなければそれまでということだ。結局、約半数は自主退職に追い込まれ、他店舗に就職を希望した労働者も希望先の企業に採用されず就職を断念した人が大勢いる。これこそ整理解雇そのものです。

 ダイエーがイオンの完全子会社化してから、スクラップアンドビルドが進行し、今後不採算の店舗は次々と閉店となる。八王子店だけの問題ではない。合同労組八王子ダイエー分会は、全国285店のダイエー労働者の未来をかけて本社抗議行動に立ち上がった。

 ダイエー本社を徹底弾劾!

 2月27日、合同労組八王子はダイエー・イオン両本社への抗議行動に立ち上がった。

 合同労組八王子と東部ユニオンらの仲間12人は、東京・東陽町にあるダイエー本社に乗り込んで社長との面会を要求。社長・秘書が外出とのことで、代理の北村人事課長を呼び出し、申し入れを手渡した。

 この日の申し入れでも、会社は「直接の雇用関係にないから団交は受けられない」と繰り返し、勝手に下請け会社に外注化していながら一切責任を取ろうとない。こんな理不尽なやり方は断じて許せない。この日は、組合員の娘さんも駆けつけて一緒にビラまき行動に立ち上がった。通行人の労働者や市民たちも、ビラを受け取ってダイエーの労働者に対する仕打ちを知り「がんばってください」と声援を寄せる。最後にダイエー本社に対して怒りのシュプレヒコールを叩きつけた。

 全国のダイエー店舗に怒りのビラ入れを

 続いて、ダイエーの親会社になるイオン本社への申し入れ行動に立ち上がった。イオン本社は千葉・海浜幕張にあり、イオンタワーやイオンモールなど周辺一帯がイオンだらけの一角にある。玄関ホールの案内係に社長との面会を要求すると程なく4人の社員が現れ、我々の申し入れに対して丁寧にノートをとって対応した。雇用責任は親会社にもあるとの我々の申し入れに対し「イオンは持株会社であり経営権はダイエーにあります」と責任逃れに終始。全く許し難い対応だ。そして、この日の決起は、ダイエー・イオン資本と一体となって、労働者解雇にのりだすUAゼンセンへの怒りの戦闘宣言を発するものとなった。

 首都圏では、八王子に続いて東部の船堀・西大島・東大島のダイエー店舗に闘う合同労組のビラが入り始めた。いよいよ、ダイエー闘争全国闘争への発展が開始されました。全国のダイエー(グループ)店舗に団結を拡大し、勝利するまで闘います