「民主労総ゼネスト情報160405」

事務局
「民主労総ゼネスト情報160405」を添付します。
安定的雇用と生きていける賃金を要求し、公共運輸労組傘下の教育公務職本部に結集する学校非正規職労働者は、4月1日、韓国全土1,000校でストライキに突入しました。
民主労総は、添付のような声明を発し、2016年パククネ労働弾圧に対する闘いの火蓋を切るストライキを闘っています。
総非正規職化・短期雇用切り捨て攻撃との闘いは、まさに国際的な共同闘争です。
共に闘おう!
PS:
国際公務連盟(PSI)の支援声明です。
動労千葉国際連帯委員会 事務局
=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

●学校非正規職労働者7000人がストに決起

 4月1日、公共運輸労組教育公務職本部に所属する学校の非正規職労働者7100人が、ソウル、京畿、忠北、江原、慶南の5地域、約1000校でストライキを敢行した。
全国の学校非正規職は40万人で、公共機関の中では最も多いとされている。教育公務職本部は、小学校の非常勤教員、学校給食栄養士、調理師など学校で働く非正規職労働者の組織で組合員は3万人。サービス連盟傘下の全国学校非正規職労組などとともに「学校非正規職連帯会議」を組織している。彼らの賃金は正規職の60%に過ぎず、一時金もなく、昇給もない。給与は時給制で、最低賃金6030ウォンにわずか330ウォン上乗せしただけだ。「1年以上の勤務者は無期契約に転換」とされているが今年、対象となる約2万1千人のうち実際に無期転換されたのは2041人、わずか9・8%でしかない。
彼らは「子どもたちが学ぶ学校で差別を教えることはできない」(教育公務職本部・アンミョンジャ本部長)と、正規職と同じ待遇を要求して立ち上がった。この日のストはその突破口であり、さらに次々とストに入っていく予定だ。
p20160406a

●民主労総が学校現場のストライキ断固支持の声明

 民主労総はこの日、学校非正規職労働者のストライキを「労働の価値が息づく教育現場を作るための崇高な闘争だ」と断固支持する声明を出し、全教組・公務員労組との連帯を組織して闘う決意を表明した。ソウルでは、教育庁前で開かれたスト総決起大会に全教組ソウル支部のイソンデ支部長が参加し、ともに闘った。
=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*

<声明>

教育公務職本部ストライキを支持する

-平等な教育、差別のない学校を作る闘争に参加すること-

今日(4月1日)全国の学校非正規職労働者で構成された公共運輸労組教育公務職本部の組合員が全面ストライキに突入した。△号俸制導入および処遇改善△現員雇用保障△無期契約転換△強制配転―職種統合中断などが主要要求だ。2016年パククネ労働弾圧に対し、その火ぶたを切るストライキであり、労働の価値が息づく教育現場を作るための崇高な闘争だ。民主労総は教育公務職本部のストライキを積極的に支持しながら、学校非正規職労働者の闘争が勝利するその日まで肩を組んで闘っていくことを明確にする。
学校非正規職労働者の処遇はひどいことこの上ない。正規職に比べて60%に過ぎない賃金は、勤続年数が長くなるほど40%水準まで落ちる。10年、20年仕事をしても元の基本給に留まるためだ。この基本給もまた最低賃金よりせいぜい330ウォン多いだけだ。これは労働に対する正当な代価どころか、自尊心を崩壊させる侮蔑だ。私たちの子どもたちが、学校で人権と平等のない、差別と侮蔑に直面しながら成長しなければならないのだろうか。
雇用不安もまたひどいものだ。いつ解雇されるかわからない不安に震える労働者が、果たして心から学生の教育に専念することができるだろうか。校長―教育庁―政府がいつ振り回すかも知れない解雇の刃の前に、首をすぼめ、気が滅入る状況がこのまま私たちの学校に放置されなければならないのか。学校は、聖職者ではない教育労働者が仕事をする所であり、学生たちが人格と学業を磨く空間だ。学校で仕事をする労働者の人生が安定してこそ差別のない学校、平等な教育も可能だということは言うまでもない当然の主張だ。
パククネが掲げた‘2015年までに公共部門非正規職の正規職化’という約束は、すでに空虚な念仏になり、学校非正規職総合対策を立てるという教育部もだんまりを決め込んでいる。この渦中で公共部門で最も規模の大きい学校非正規職労働者の人生は、墜落に墜落を重ねている。 教育公務職本部がストライキ要求の中の一つに「ヌリ課程(3歳~5歳の教育)予算を教育庁に押し付けずに大統領が責任を負え」と声を高めるのはあまりにも正当だ。
民主労総は公共運輸労組教育公務職本部ストライキを積極的に支持し、これらのストライキが勝利へ向かうことができるように、学校内の教員―公務員―学校非正規職労働者の連帯を組織するなどすべての連帯に出るだろう。またこれらストライキの正当性を父母である80万組合員に知らせ、平等な学校、差別のない教育が実現されるように総力を傾けるだろう。
2016.4.1  全国民主労働組合総連盟