民主労総ゼネスト情報(2016年9月9日) 9・27無期限ストへ

民主労総ゼネスト情報(2016年9月9日)

「成果主義は間違っていると、全民衆に知らせるゼネストをやる!」
民主労総は成果賃金導入阻止掲げ、公共運輸労組先頭に9・27無期限ストへ向かいます。
鉄道労組と全国各地の地下鉄労組が共同記者会見を行い、9・27には一斉にストに突入すると宣言しました。また、韓国労総も共同闘争に立ち上がります。
この闘いと固く連帯し、9・27支援連帯行動から11月日韓共同行動の爆発へ突き進みましょう。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

●「成果主義は間違っていると、全民衆に知らせるゼネストをやる!」

成果賃金導入阻止掲げ、公共運輸労組先頭に9・27無期限ストへ
第二次民主労総ゼネストが動き出した。最大の争点は賃金体系の改変である。パククネ政権は労働法大改悪の攻撃が破産に追い込まれる中で、公共部門に対する成果主義賃金の全面導入に狙いを定めてきた。しかも当局による就業規則の一方的変更によって、現場に強制してきた。9月1日、この問題を協議するために設定された政労交渉の場に、政府各省庁の関係者は一人も姿を見せずボイコットした。この強硬な態度はしかし、敵の非常な危機の表れだ。
民主労総の組合員は言う。「成果主義とは、金もうけがすべての資本の論理を公共部門にも貫くことだ。最終的には全面民営化に行き着く。人間としてともに生きることを否定して、競争と差別のみを生み出す成果主義は絶対に間違っていると、韓国の全民衆に知らせるためのストライキをやる」と。
この決意のもとに、公共運輸労組は鉄道労組2万人を先頭に、地下鉄、ガス、健康保険、国民年金、ソウル大病院など15の公共機関6万2千人が9月27日から無期限ストライキに突入する。保健医療労組も全国の公立病院1万組合員が28日からストに入り、29日には大規模な上京闘争を展開する。

p20160910a

●韓国労総も共同闘争に立つと発表

民主労総の決起を受けて、韓国労総も動き出した。9月5日、民主労総と韓国労総の公共・金融部門が共同記者会見(写真)を開き、パククネ政権が態度を変えないならば最大規模のゼネ
ストにこぞって突入すると宣言した。
韓国労総傘下の公共労連は9月22日に5千人のゼネスト大会を開く。さらに金融労組は23日、労組として史上最大の10万人規模のゼネストに立つ方針だ。

●現代自動車労組も闘いを継続

現代自動車では8月下旬、資本が金属労組現代自動車支部のゼネスト戦列からの切り離しを狙って卑劣な動きをした。賃金ピーク制導入を今回は見送ると言い出し、労組執行部の合意を取り付けて交渉妥結=争議終結に導こうとしたのだ。だがこの暫定合意案は、8月26日の組合員投票で圧倒的に否決された。全組合員4万9665人の92・17%が投票し、賛成21・9%、反対78・05%の高率で現代車資本をとことん追いつめるまで闘いぬくことが決定された。
パククネの労働改悪攻撃は、安倍政権がいま口にしている「働き方改革」の攻撃とまったく同じだ。日本でも韓国のようにストライキを組織して闘おう!