1・13韓国民主労総ゼネスト連帯緊急行動に総結集しよう!渋谷デモに集まってください!

 140113連帯行動ビラ

 全国交流センタービラが届きましたので掲載します。

 韓国で世界を揺るがす闘いが始まっています。
 韓国の鉄道で働く労働者で組織される労働組合(鉄道労組/KRWU)が、朴槿恵(パククネ)大統領が進める鉄道民営化に反対し、昨年12月9日から
22日間の壮絶なストライキを闘い抜きました。この民営化反対の闘いに、全国民主労働組合総連盟(民主労総/KCTU)や市民が合流し、2月25日には、「民営化中止!」「朴槿恵打倒!」の全人民ストライキが呼びかけられています。
 この韓国の闘いに、アメリカやアジア各国をはじめ、全世界の支援・連帯行動が始まっています。韓国、全世界の労働者の団結で民営化を止め、非正規職をこの世の中からなくす行動を日本でも起こしましょう。

 民営化が「命よりカネ」の社会を生み出した

 「競争が社会を豊かにする」と言って、1%の支配者たちが民営化を進めてきた結果、歴史上かつてないほどの格差社会が生み出され、全世界の労働者の命と生活が奪われています。瞬く間に韓国全土に広まった闘いの根底にあるのは「もうだまされないぞ!」という怒りです。
 民営化になれば儲け優先で人員は減らされ、安全は切り捨てられます。韓国の鉄道労働者らは日本のJRの現状と闘いから学び、「私たちの仕事は列車をきちんと走らせること。日本のJR北海道で起きたことを繰り返させない」と言って民営化絶対反対で闘っています。
 さらに鉄道の民営化がもたらすものは、労働者の非正規職化です。朴大統領が狙っているのは、鉄道民営化を切り口にした公的部門の全面民営化です。いま、韓国の青年労働者もほとんどが非正規職です。鉄道労組のスト
ライキは民営化を阻止し、非正規職の撤廃を目指す正義の闘いです。

 民営化・外注化阻止の労働運動をつくろう!

 日本で本格的な民営化・非正規職化が始まったのは、1987年の国鉄分割・民営化からです。日本の労働運動における民営化との闘いは、この国鉄分割・民営化反対の闘いを軸に展開されてきました。その中でも国鉄千葉
動力車労働組合(動労千葉)は、国鉄分割・民営化にストライキで反対し、その後も鉄道業務の全面外注化に反対して闘いを続けています。
 動労千葉の26年間の闘いは、国鉄分割・民営化による解雇が労働組合つぶしを目的とした不当労働行為であったことをついに裁判所に認めさせました。日本における民営化反対・解雇撤回の闘いの勝利もあと一歩のところに
来ています。国鉄分割・民営化反対の運動を大きく広げ、安倍首相が進める学校や保育、病院など、全社会の民営化に歯止めをかけるために私たちは闘います。
 団結して闘えば変えられます。全世界の労働者の団結で民営化を阻止し、安倍を倒しましょう! 動労千葉と共に、日本での韓国ゼネスト連帯行動を呼びかけます。

 13日の渋谷デモに集まって下さい!

 日時 1月13日(月・休) 午後6時半集会開始 7時15分~渋谷デモ
 場所 代々木公園ケヤキ並木(NHK前)
 主催 全国労働組合交流センター