民主労総ゼネスト情報(2017年8月20日)

事務局

民主労総ゼネスト情報(2017年8月20日)

●光復72周年、米韓合同軍事演習中断とサード配備撤回を掲げ8・15全国労働者大会

 日本の敗戦から72年となる「光復節」の8月15日、ソウル市庁広場で8・15全国労働者大会が開催された。強い雨をついて組合員7千人が集まり、サード配備が強行されたソンジュ(星州)とキムチョン(金泉)からも住民たちが駆けつけた。今月21日から米韓合同軍事演習「ウルチフリーダムガーディアン」が開始されるのを前に、参加した労働者たちは米韓合同軍事演習中断やサード配備撤回、日帝による強制動員の歴史の謝罪と賠償を求めて声を上げた。
 民主労総のチェジョンジン委員長代行は大会あいさつで「われわれは世界中のすべての核に反対する」ときっぱり断言し、「2017年、われわれの前にある歴史的な課題に堂々と向き合おう。新自由主義反対および労働を尊重する社会をつくり、親日を清算して歴史を打ち立て、分断と停戦体制をのりこえ、平和と統一の新しい時代を開いていこう」と訴えた。
 続いて開かれた汎国民平和行動には1万人が結集し、米大使館へのデモも行われた。
 韓国の仲間の思いに応え、われわれ日本の労働者こそが先頭に立って戦争絶対反対の闘いのうねりをつくりだそう!

「サード配備決死反対」のスローガンを掲げるソンジュ・キムチョンの子どもたち