民主労総ゼネスト情報(2017年9月20日)

事務局

民主労総ゼネスト情報(2017年9月20日)


●ソンジュで汎国民行動、サード配備撤回へ新たな闘いがスタート

 9月16日、ソンジュで第5回汎国民行動が開催された。ソウルからの平和バスも仕立てられて全国から600人あまりが集まり、青年の参加も目立った。参加者はムンジェイン政権によるサードの強行配備を強く糾弾し、「サード配備は朝鮮半島の平和を危険にさらすものだ」「サード配備が撤回される日まで闘いをともにしていく」と決意を固めた。
 とりわけムンジェイン政権が「臨時配備」という言葉で再び国民をあざむいていることに怒りが集中し、「今すぐ工事およびサードの稼働を中断しろ」「朝鮮半島のどこであろうと、われわれの力でサードを食い止める」という声が上がった。
 キムオクトン民主労総副委員長は、「サード配備が9月7日に配備されたことによって朝鮮半島の緊張が高まり、戦争の危険がさらに増幅されている」「アメリカの軍事基地化を防ぎ、朝鮮半島の平和協定締結と反戦平和を実現するために、民主労総は総力でこの闘いをともにする」と決意を述べた。集会後には「工事中断・運用中断・サード撤去」と鮮明なスローガンが掲げられた横断幕を先頭にデモが行われた。
 ソンジュの住民たちは配備強行に屈することなく、いっそう決意を固めて新たな闘いを宣言している。日韓米労働者民衆の団結で、サードの稼働中断・撤去に向けて闘おう!