民主労総の闘い 「ハンサンギュン・イヨンジュ釈放のための闘争文化祭」

ハンサンギュン・イヨンジュ釈放のための闘争文化祭

“ハンサンギュン・イヨンジュ釈放は、積弊清算の始まりだ!〝

民主労総はけっして同志を見捨てない

わが国の「憲法」第21条1項に「すべての国民は……集会・結社の自由をもつ」と明記している。
しかし、暴力政権バククネ政権は憲法を無視して軽い罰金刑にすぎない交通妨害嫌疑などを拡大適用し、大衆的民衆組織の民主労総のハンサンギュン委員長を拘束することによって国民の目と耳をふさぎ、われわれの抵抗を根本から封鎖しようとした。
これは明白なバククネ政権の積弊であり、これを清算することはムンジェイン政府が公約した大韓民国社会の積弊清算の始まりなのだ。
しかし、ムンジェイン政府発足以後、われわれの要求と期待に反し現在もなおハンサンギュン委員長は収監中であり、またイヨンジュ前事務総長も拘束され裁判中である。ムンジ工イン政府の社会的対話をとおした制度改革意志には同意するが、このような大乗的次元の疎通がなされるためにはバククネ政権の積弊の一つであるハンサンギュン委員長の釈放と復権が必ず先行しなければならない。

真の闘いに支えられる時はじめて大統合のための社会的対話も力を得るのである。今も全国各地では高空籠城をはじめとした闘いが続けられている。広場のロウソクが市民革命が、新政府の積弊清算の意志を疑う現実のなかで、われわれはわれわれの永遠の委員長であるハンサンギュン同志を忘れてはならない。
イミヨンバク・バククネ政権、その積弊の犠牲者であるハンサンギュン委員長とイヨンジュ事務総長を釈放させる時まで、われわれの根底から湧き上がる釈放要求の闘争を中止してはいけない。

 ●日時:2018年4月21日(土)、午後2~4時
 ●場所:華城職業訓練教導所前(京畿道華城市マド面華城路741、031-357-9400)

  交通案内:地下鉄およびバス利用時

●水原駅(1号線、プンタン線)4番出ロー水原駅バス停留所1004番、1004-1番、990番バス乗車(22Km)→教導所停留所下車(マド四又路)後5分徒歩(約500m)
●パノル駅(4号線)1番出口→パノル駅バス停留所(約100m)→330番バス乗車(21Km)→教導所停留所下車(マド四又路)後5分徒歩(約500m)

●提案主体:民主労総ソウル本部西部地区協議会&イソソン合唱団

●プログラム=連帯挨拶および闘争事業場の闘争発言
  コルトコルテックギター労働者バンド「コルベン」
  全教組バンド「プブ」
  労働者楽隊のパンソリハンマダン「ハンパン」
  イソソン合唱団

●後援口座:(SC第一銀行)277-20-412829(預金主)ゴンキハン