5/1 メーデーに250名が決起! 改憲・戦争反対!「働き方改革」関連法粉砕!安倍を倒そう

5/1 メーデーに250名が決起!

国際連帯を掲げ闘う! 改憲・戦争絶対反対!「働き方改革」関連法案粉砕!安倍を倒そう!

 5月1日新宿メーデーを闘いました。会場は、安倍倒せ!の熱気にあふれ、新宿街頭でのデモには多くの市民の共感を得て、堂々たるデモを貫徹しました。沿道には立ち止まって注目する人でいっぱいでした。なかでも、外国人の方の反応が大きかったのが印象的でした。カメラをかまえ、こぶしをふりあげて、一緒になってはねたり体を動かし、という感じでした。

 全国協は、鈴コン分会の中労委勝利=田口さん解雇撤回をもって臨み、非正規職撤廃を掲げて、職場拠点化にむけて闘うこと、これこそが「改憲・戦争阻止!大行進」運動の核心であることを高らかに宣言しました。

 それから、関西合同労組が全力をあげて取り組んでいる「泉佐野市議選=中川いくこ候補」が重要になっています。全国協は中川さんを組織内候補として絶対に勝利させたい。今最後の最後の決戦に突入しています。5月6日告示・13日投票です。ご協力とご支援を是非お願いします。

 そして、今回強く感じたことは、星野文昭さんを奪還する闘いが身近なものになっているということです。安倍打倒の機運が大きくなっていること、戦争が近づき戦争絶対反対が人々のテーマになっていること、このなかで、韓国のローソク革命がパククネを打倒したことを今度は日本で実現しようというエネルギーが沸いてきていて、それは星野さんの解放を希求するものと一体となって進んでいる!6月3日の四国・高松に全国から集まりましょう!