無期限スト支援を訴え台湾富士ゼロックス労組の上部団体が11・4に来日! 11・5富士ゼロックス本社申し入れ行動に結集を!

無期限スト支援を訴え台湾富士ゼロックス労組の上部団体が114に来日!

115富士ゼロックス本社申し入れ行動に結集を!

 

2018年11月1日

合同一般労働組合全国協議会

 

10月23日から無期限ストライキに突入している台湾富士ゼロックス労働組合。日本の本社が打ち出したリストラ1万人削減計画で台湾で1000人の従業員のうち300人の解雇が狙われている。組合の要求は「仕事権」(労働権)の保障である。1000人の従業員のうち400人が団結して5つの拠点で闘っている。ピケを張り、暴力的な破壊や、個別の切り崩し・脅しをはねのけて闘っている。10月30日には日本交流協会前に100名を越える組合員が結集し、仕事権を保障せよ!と声をあげた。富士ゼロックスは不誠実な対応に終始し、上部団体の桃園市産業総労働組合や弁護士の団体交渉出席も認めない。何としても仲間の解雇を許さない闘いとして10月31日でストは9日目を迎えている。

諸悪の根源は日本本社だ。台湾富士ゼロックス労働組合は日本の労働者の支援連帯を求めている。この呼びかけに動労千葉、合同一般労組全国協議会、全国労組交流センターが応え、連帯のメッセージを送った。台湾富士ゼロックス労働組合はさらなる支援連帯を呼びかけるために11・4全国労働者総決起集会(正午・日比谷野外音楽堂)に上部団体の桃園市総労働組合の仲間を派遣することを決定した。合同一般労働組合全国協議会は、来日する仲間と、富士ゼロックス本社に対して抗議・申し入れをともに闘うことを決定した。11・4全国労働者総決起集会に集まり、国際連帯の力で戦争と改憲をぶっとばし、安倍を打倒しよう。

 

合同一般労働組合全国協議会は、11月5日(月)、桃園市総労働組合の仲間とともに富士ゼロックス本社へのビラまき・申し入れ行動に立ち上がります!ぜひ結集をお願いします!

 

【集合場所・時間】

11月5日(月)午前7時45分 地下鉄六本木駅8番出口集合

 

★富士ゼロックス本社行動の後、桃園市総労働組合の仲間は午後1時から千葉市のDC会館にて開催される日韓理念交流会に参加の予定です。可能な方はこちらもご参加ください。