11.4 改憲とめる!1万人行進 全国労働者総決起集会 が4800名結集で大成功! 銀座大デモを権力の弾圧と右翼の妨害をはねのけて貫徹!

 

11月4日の労働者大集会は、非常に活気あふれる元気な集会として勝ちとられました。

 安倍政権の改憲攻撃が激化するなかで、あたかも攻勢に出ているかのごとくにふるまっていますが、その内実はぼろぼろがたがたで、つい先だってでは沖縄知事選での大敗北をくらい、すでにぐらついているのが実態です。

 集会は、国鉄を始めとして全逓・自治労・教労を中心にして全国で闘う労働者人民が結集しました。とりわけ韓国・民主労総・台湾・富士ゼロックス労組の発言は会場全体の連帯をまきおこし圧倒的拍手で迎えられました。

 全国協は、1000名建設の手ごたえを確信にすえてのぞみました。各ユニオンが旗を掲げて参加し、集会冒頭での入場式では多くの旗が並ぶなかでその一翼を担うものとなりました。全国協の発言は二つでした、「集会決議・関西地区生コン支部への弾圧を許さない」を吉本代表(写真右横)がおこない、「闘いの報告」としては群馬合同労組の清水委員長(写真中央)がおこないました。

 銀座デモは数寄屋橋交差点を焦点として、沿道を埋め尽くすほどの市民・外国人観光客の注目を集め、「改憲阻止!安倍打倒!」の訴えが受け止められるものとなりました。

 最後に感想としてひとことです。例によって右翼が街宣車でがなっていたのですが、そのなかで「東大生や京大生が参加しているようだが・・・」とあって、びっくりしました。ああ!全学連が新たに高原委員長をたてて立ち上がったことは右翼をも驚かしているのかと思い、思わず笑ってしましました。

 集会の成功と銀座デモの貫徹をもって、改憲阻止!の大決戦が始まりました。安倍打倒は日本労働者人民のみならず、アジア・世界人民の要請となっています。国際連帯の旗を掲げて、共に闘いましょう!