UTLAストライキ情報(2019/1/23)

UTLAの大勝利。

UTLA(UNITED TEACHERS LOS ANGELES)

フェイスブック

22日の朝、UTLAとロサンゼルス統一学区(LAUSD)が、協約交渉で合意に達したと発表されました。先週木曜日に再開された交渉は5日間に及び、週末も早朝から夜遅くまで続けられ、祝日夜(21日・月曜日)のギリギリ遅くまで行われました。

暫定合意は全組合員に周知されたのち、賛否の投票にかけられて決定されます。合意が正式に認められるまで、火曜日(22日)はストライキが続行されましたが、午前中の段階で組合員の80~83%が賛成票を投じたそうです。最終的な結果は翌水曜日に出ますが、「スーパーマジョリティ(圧倒的多数)の組合員が合意に賛成」したとUTLAのホームページで報じられています。

22日の午後は、市庁舎前で大集会が行われ、教育労働者や保護者が結集して勝利の歓喜に沸き返りました。

UTLAさんの投稿 2019年1月22日火曜日

UTLAのホームページでは次のように述べています。

「この合意はパラダイムシフト(=社会の規範や価値観が大きく変わること)であり、我々が協約闘争の目標とした要求を達成した」

主な合意の内容

◆賃金6%アップ(2017~18に3%、2018~19に3%)
◆すべての学校で、2021~22までに看護師を週5日フル勤務体制にする。
◆クラスの人数を2019~20に即刻減らす人数制限を行い、毎年減少させる。
◆カウンセラーを500人の生徒に対して1人の割合で設置する。
◆テストを50%減らす約束
◆図書館秘書の専門教師を高校(9~12年生)で週5日フル勤務体制にする。
◆コミュニティースクールを2019年6月30日までに20校指定し、2020年6月30日までにあと10校を指定する。そこにはプラスの資金も出し、UTLA傘下とする。
◆チャータースクールを制限するきちんとした手段をとる。

 明日(23日朝/日本時間24日午前0時)から教育労働者は学校に戻り、教職に就くことになりました。(K)


(写真 勝利に沸くUTLA組合員たち。左がカプートパール委員長)