UTLAストライキ情報(2019/1/15)

ストライキ初日は、朝から激しい雨が降りそそぐ1日でしたが、ロサンゼルスを埋め尽くす人びとの参加で大成功を収めました。

明日のピケットライン終了後(日本時間16日午前3時半~)の行動が発表されていますので、お知らせします。(K)

1月15日火曜日のイベント

朝のピケットラインを終えたあと、午前10時30分にカリフォルニア・チャータースクール協会(CCSA)のオフィスの前で集会を行います。明日は、企業運営のチャータースクールがどれほど公教育を破壊しているかを抗議し、チャータースクールの説明責任と情報の透明化を突きつけるために、CCSAに押しかける必要があります。私たちが無視するわけにはいかない力のある存在だということを、ベアットナー(教育長)にもう一度見せつけるのです。明後日の水曜日には地域の学校に張り付きますが、明日は、私たちが圧倒的に力のある団体として再び団結した姿を示すことが重要です。
ロサンゼルスは、公教育を守ろうと公立学校へのきちんとした再投資を求める人びとで溢れかえっています。そう宣告する、あるいは公教育やその教師たちを支援する姿を見せるだけではだめで、私たちの学校を兵糧攻めにて民営化しようとしているオースティン・ベアットナーの政策に対して痛烈な非難をぶつけなくてはならないのです。