関西生コン支部弾圧を粉砕せよ

昨日(2月10日)に開催された「国鉄・分割民営化による不当解雇から32年 2・10国鉄集会」で鈴木コンクリート工業分会の吉本伸幸書記長から関西生コン支部への刑事弾圧粉砕の決意表明が発せられました。

壇上で紹介された大量逮捕弾圧の真実を暴露した本「ストライキしたら逮捕されまくったけど それってどうなの」を紹介します。

著者:

連帯ユニオン(正式名称:全日本建設運輸連帯労働組合)

小谷野毅(こやの・たけし):全日本建設運輸連帯労働組合書記長。

葛西映子(かさい・えいこ):漫画家。「ヘイトスピーチって知ってる?」など

安田浩一(やすだ・こういち):
雑誌記者など経てノンフィクションライターに。『ネットと愛国』(講談社)で講談社ノンフィクション賞。『ヘイトスピーチ』(文春新書)ほか著書多数。近著『「右翼」の戦後史』(講談社現代新書)。

里見和夫(さとみ・かずお):
1977年弁護士登録。労働事件、小西反軍裁判、伊方原発訴訟、薬害スモン訴訟、大和川病院事件などにとくむ。認定NPO法人大阪精神医療人権センター理事。

永嶋靖久(ながしま・やすひさ):
1989年枚方法律事務所開設。労働事件(関生支部をはじめとする労働組合や労災事件など)、在韓被爆者訴訟や扇町公園住民票訴訟などにとりくむ。

発売日:2019/01/30 / 出版社: 旬報社 / ISBN:978-4-8451-1561-7 / ¥1.200円+税
*購入はお近くの支部へお問い合わせください。