郵政非正規ユニオンNews第8号発行!

 郵政非正規ユニオンNews第8号が発行されましたので掲載します。

  9・20午後10時から24時間ストライキに突入!

18名の解雇を撤回せよ!

大工原課長の「アルバイトのクズども」暴言を撤回せよ!

ストライキ通告書

2011年9月15日
郵便事業会社社長
鍋倉真一郎殿
郵便事業会社東京多摩支店
支店長榎春芳殿
2011年9月11日、われわれ郵政非正規ユニオンは、臨時大会を開催してストライキ権を確立しました。
6月末、貴社は非正規職員15名を不当にも雇い止め=解雇したのに続き、さらに争議中である郵政非正規ユニオン齋藤執行委員長を含む3名の非正規職員にたいして9月いっぱいをもっての雇い止め通告をしてきました。これらは労働者から生きる糧を奪い取る許す事のできない不当な行為であり、解雇権の濫用です。
さらに、社会的公共的郵便事業の会社の職場においてあるまじきA氏の「死ね!殺すぞ!」という暴力的、脅迫的言動の事情聴取と称して行われた、齋藤委員長に対する大工原課長の「アルバイトのクズどもが」「アルバイトの分際で組合なんか作りやがって」なる
暴言の撤回と謝罪を求めたことに対して、貴会社は大工原課長の暴言はなかったと回答してきました。大工原課長の暴言は動かぬ真実です。郵政非正規ユニオン結成に憎悪をむきだしにした大工原課長を必死に擁護する貴会社のやり方こそ大工原課長の暴言が貴会社の意を戴して行われたものであることを示しています。これは、違法な貴会社の組合潰しそのものであります。
よってわれわれは、以下のことを要求し、納得のいく解決を求めて下記のようにストライキに突入する事を通告します。

1、6月の15名、9月の3名の雇い止め=解雇の撤回
2、大工原課長の発言の撤回と謝罪
3、貴会社の「大工原発言はなかった」という回答の撤回と謝罪

▽第一波ストライキの日時
9月20日午後10時から
9月21日午前6時45分まで
▽ストライキ対象の組合員
郵政非正規ユニオン組合員
以上
郵政非正規ユニオン執行委員長
齋藤裕介

郵政非正規ユニオン第8号