郵政非正規ユニオンNews NO6号発行!

郵政ユニオンNews NO6号が発行されましたので、掲載します。

第三回団体交渉報告

大工原課長、新岡課長代理の「脅迫」「暴言」はなかった!(中川業務企画室長)

東京多摩支店で働くみなさん!
なんというウソつきの会社なのか!
8月31日の第三回団体交渉で中川業務企画室長(以下は中川氏)は、8月12日のA氏の「脅迫」「暴力」については認めました。しかし大工原氏と新岡氏の「脅迫」「暴力」についてはなかったと開き直りました。
ゆうパック課のみなさん、思い出して見て下さい。8月12日の勤務終了後の早朝ミーティングで、A氏の齋藤委員長に対する「死ね」「殺してやる」等の脅迫・暴力行為について、新岡氏は「喧嘩両成敗で二人には辞めてもらう」と当日の勤務者の前で発言しました。これは誰でも知っている事実です。
大工原氏の脅迫・暴言も社員のいる前で行われたことであり隠しようがない事実です。
この大工原氏の行為については中川氏も団体交渉の中で、「大工原氏は熱くなったようだ」と認めました。
しかし、このようなウソはあまりにもお粗末であり早晩崩れ去ることは明らかです。
会社は何故このようなウソをつくのでしょうか。大工原氏や新岡氏の「アルバイトの分際で組合なんか作りやがって」A氏の「齋藤委員長は組合を作って威張っている」等の暴言を大工原氏らは容認してきました。これは、労働組合法第7条1項、3項に違反する不当労働行為です。これを恐れて会社はウソをついているのです。
さらにそのウソを覆い隠すために齋藤委員長を雇い止めにしたのです。

郵政非正規ユニオン、8・31第3回団体交渉と労働委員会第1回報告

 

      郵政非正規ユニオン、8・31第3回団体交渉と労働委員会第1回調査報告

                                合同・一般労組全国協議会事務局長  小泉義秀

       郵政非正規ユニオン第三回団体交渉報告

  8月31日10時より、いつもの外会場で第3回目の団体交渉が開かれた。団体交渉の焦点の第一は齊藤委員長に対する雇い止め通告を撤回しろという要求に対する回答である。第二はペリカン便出身の労働者・有光の齊藤委員長に対する暴行・脅迫を当局の責任で謝罪させるという問題。第三は大工原ゆうパック課課長の暴言・暴行の謝罪と撤回である。この三点について中川業務企画室長は第一の齊藤委員長に対する雇い止め通告は撤回しないと述べた。第二の有光の脅迫・暴言について、「死ね、殺してやる」と有光が述べたことは認めた。しかし『お二人の間に入ってですね、謝罪を求めるようなことはしない』と、当局の責任で謝罪をさせることについては拒否し、厳正に対処すると述べた。有光を処分するということである。当局の責任を曖昧にし、有光個人の責任に転嫁し、うやむやにしようというのだ。これは新岡課長代理の『喧嘩両成敗だ』発言と合致する。ペリカン便出身者が郵政非正規ユニオンに敵対的な態度をとってきたのは当局が助長、扇動してきたからだ。有光の行動は郵政当局の組合敵視の顕在化なのだ。しかもその上中川は、大工原発言も新岡発言も無かったと開き直った。第三の大工原の「この屑が、アルバイトの分際で組合なんか作りやがって」という暴言については本人から事情を聴いたところ、無かったというのだ。さらに近くにいて大工原の暴言・暴行を止めに入った課長も「そういう話は聞いていないと言っている」と述べた。この大工原発言は明白な不当労働行為であるため、当局は事実を隠ぺいし、白を黒と言いくるめることにしたのだ。しかし真実は一つだ。必ず真実は暴かれる。われわれは大工原発言、耳元で2時間も大声でどなった暴行を絶対に許さない。(私は第3回団体交渉には参加していない。団交報告は録音と音声反訳メモを参照した)。

 

東京多摩支店、管理職の「脅迫」「暴力」に抗議し謝罪を求めたら・・・クビ!!

郵政非正規ユニオンのビラを掲載します。

東京多摩支店、管理職の「脅迫」「暴力」に抗議し謝罪を求めたらクビ!!

齋藤委員長のクビ切りは絶対に許さない

東京多摩支店社員の皆さん!
8月12日齋藤委員長に対し、ゆうパック課A氏や課長らによって「死ね」「殺してやる」「アルバイトの分際で、組合なんか作りやがって」等、二時間にも及ぶ「脅迫」「暴力」行為が行われました。これは多数社員の前で堂々と行われたものであり、周知の事実です。
郵政非正規ユニオン(以下は組合)は、直ちに抗議声明を出し、両氏への謝罪と支店長に真相究明を求めました。
これに対し会社は、われわれの追及に両氏は休んでいるので、今調査中などとあいまいな返事を繰り返してきました。そして、謝罪も調査も一切することなく、8月23日の早朝、齋藤委員長にクビ=「雇い止め通告」を行ってきました。
これは齋藤委員長のクビを切ってなきものにし、A氏や課長、会社の違法行為を闇に葬り去ろうとするものです。
ここに期間雇用社員を「このクズどもが!」「アルバイトの分際で!」と、煮て食おうと焼いて食おうと会社の勝手であるとさげすむ、会社の非人間的本性が現れています。
こんな卑劣な会社がいったいあるのか。支店長は恥をしれ!雇い止め=解雇は絶対に認めることは出来ません。

8月28日ビラ

8月30日、動労千葉が偽装請負告発の大集会を開催し、外注化阻止決戦に突入しました!

 8月30日、「外注化阻止・非正規職撤廃!JRの偽装請負を告発する大集会」が動労千葉主催で開催されました。会場は、労働者の怒りで溢れかえり、動労千葉の外注化阻止決戦への戦闘宣言を圧倒的な拍手と心からの激励をもって迎えました。登壇した田中動労千葉委員長は、「何故、こんなデタラメな外注化攻撃、偽装請負が行われてきたのか」として、「それは、労働組合の側が認めてきたからだ」「いや、それどころか、労働組合が新自由主義政策の手先となる現実が生み出されてきたからなのです」と怒りをもって明らかにしました。そして、この歴史をひっくり返す闘いをやると断固たる戦闘宣言を発したのです。

 JR千葉支社は、10月1日をもって構内業務の外注化を強行しようとしている。いよいよ、外注化阻止の一大決戦は、「もうガマンならない」という全労働者階級の怒りと結合した闘いとして始まったのです。

齋藤委員長の雇い止め=解雇通告を撤回せよ!

郵政非正規ユニオンのビラを掲載します。

齋藤委員長の雇い止め=解雇通告を撤回せよ!

「バイトの分際で組合なんか作りやがって」―これが、彼らの本音=組合つぶしの不当労働行為そのもの

合同・一般労働組合全国協議会
郵政非正規ユニオン
東京都葛飾区新小岩2-8-8
電話03(6231)5031

8月24日、郵便事業会社東京多摩支店(支店長・榎木春芳)は、郵政非正規ユニオンの齋藤祐介委員長に対して、違法不当な雇い止め=解雇を通告してきた。仲間の雇い止め=解雇の撤回を要求し、労働組合を結成して闘い始めたとたんに、その組合委員長を解雇するとは、なんという卑劣な攻撃か! この違法不当な解雇通告をただちに撤回することを、怒りをこめて要求する。

非正規労働者を「クズ」呼ばわり
   人を人とも思わない本性むき出し

この間、ゆうパック課の職場では、大工原課長をはじめとして、齋藤委員長に対して「馬鹿野郎」「このクズ」「バイトの分際で」「組合なんか作りやがって」という暴言がくり返されてきた。これが彼らの本音なのだ。そしてその本性をむき出しにして、今度は解雇通告してきた。こんな暴挙は絶対に許さない。
昨年7月の宅配統合の大失敗と大混乱の中で、必死になって働いてきた労働者に対し、会社は処分や雇い止めや賃下げの脅しで、おさえつけようとしてきた。そして実際に次つぎと解雇し、「ゴミクズ」のように切り捨ててきた。自分たちの失敗の責任をとらず、すべて現場の労働者に押しつけてきたのだ。こんなデタラメを許せるか。
「委員長に解雇通告」の衝撃的ニュースは、たちまち地域の労働者そして全国の郵政職場で働く労働者に広まり、続々と激励と支援がユニオンに寄せられている。東京多摩支店の暴挙は、必ずや全国の労働者の怒りに火をつけ、何十倍何百倍になって、彼らにたたき返されるだろう。労働者をなめるなよ!
齋藤委員長に対する雇い止め=解雇通告をただちに撤回せよ。すべての雇い止め=解雇を撤回し、仲間たちを職場に戻せ。

グリーンスタッフを一体何だと思っているのか 雇い止めは絶対に反対です!

 「国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回を共に闘う国労の会」発行のビラを掲載します。

平成採は訴えます

グリーンスタッフに対する不当な扱いは絶対に許せない。
・そもそも人が足りず一生懸命働いているのに「無駄な超勤をするな」と上司から文句を言われる。
・管理職の評価が気になって病気になっても休みたいと言えず、無理をして出勤せざるを得ない。
・仕事で少しでも上司に気に入らないことがあれば理由もなく罵詈雑言を浴びせられる。気に入られなければ口もきいてくれない。
・毎日のように起こる列車事故や故障の対応で接客の矢面に立たされ、「パニック症候群」や「うつ」を発病して退職に追い込まれた。
こうした現実を多くのGSが経験し、また「明日は我が身」と思いながら日々駅業務を懸命に担っています。グリーンスタッフは管理職の思い通りに動くロボットではありません!