”労働相談”ニュース 〈グリーンスタッフ〉 採用5年目 最後の正社員試験挑戦

6月10日東京新聞掲載の記事を”労働相談”ニュースとして紹介します。

【暮らし】<はたらく>不合格なら雇い止め 採用5年目 最後の正社員試験挑戦

2011年6月10日

有期契約で働く人が一時的、補助的な仕事にとどまらず、正社員と同じ業務を担うケースが増えている。正社員と同じか、それ以上の仕事をこなしても、期間が来れば雇用側の都合で契約を打ち切られる、いわゆる「雇い止め」。仕事で得た技能や知識は、本人はもちろん、教育にコストをかけた企業にとっても財産ではないのか-。(服部利崇)

「不安でしょうがない。もし落ちたら、この先どうなるのか」

JR東日本の契約社員「グリーンスタッフ(GS)」の男性(25)は採用五年目。東京都内の駅で、乗車券を販売する出札を担当する。他社を含めた路線と切符の知識が必要で、鉄道事業に欠かせない仕事。ただ夏に予定されている正社員登用試験に合格しないと、来年四月以降の契約更新はない。

GSは、改札や案内も担当する「JR東日本の駅の顔」(同社ホームページ)。経費削減などを目的に一九九九年、旅行窓口から導入された。二〇〇七年から出改札や案内まで拡大された。業務は正社員とほぼ重なる。一年契約で、泊まりを伴う夜勤に就けば年収は額面三百五十万円を超える。四回まで更新可能で最長五年間、働ける。

労働運動ニュース(2011.8.1 創刊)号 発行

 労働運動ニュース 2011.8.1 創刊号

労働運動ニュース 2011.8.1 創刊号

 合同・一般労働組合全国協議会葛飾区新小岩2-8-8-302(03-6231-5031) info@godoroso-zenkokukyou.org 震災解雇労働相談全国センター台東区元浅草2-4-10-5階(03-3845-4699) rodosodancenter@yahoo.co.jp

 7/26 雇い止め撤回! 総決起集会が大成功

7月26日、郵政非正規ユニオンと三多摩労組交流センター、合同・一般労組全国協、労組交流センター全逓部会の共催による「雇い止め撤回!総決起集会」が東京・国分寺市内でもたれました。
会場は、演壇正面の左右に『郵政非正規ユニオン」の旗とのぼりが掲げられ、郵政非正規ユニオンの決起を前にした興奮と緊張、期待と決意が溢れるものとなりました。
集会のハイライトは、郵政非正規ユニオン組合員の登壇と齋藤裕介委員長の発言でした。
「非正規社員を使い捨てにして恥じない郵便事業会社と闘うには、日本郵政非正規社員16万人すべてが起ち上がることが必要です。郵政非正規ユニオンは当面1000名、1万名の組合をめざして闘います。私たちはそのさきがけとなります。非正規社員の皆さん、共に起ち上がりましょう!」との訴えに全体は心からの拍手でもって応えました。

”労働相談”ニュース 「非正規労働者は妊娠したらクビ」にNO!

7月29日、東京新聞の記事を”労働相談”ニュースとして紹介します。

【暮らし】<はたらく>「非正規労働者は妊娠したらクビ」にNO! 労組加入で育休実現

2011年7月29日

非正規雇用で働く女性が妊娠すると、契約更新を断られることが多い中、東海地方に住む日系ブラジル人女性二人が、「妊娠切りを許さない」と労働組合に加入。派遣会社や派遣先企業と交渉した結果、育児休暇取得や産後休暇までの雇用確保を実現した。 (市川真)

四カ月の娘ハヤネちゃんが元気よく足を動かすたびに、うれしそうに顔をのぞく。育休中の三重県鈴鹿市、エジジオ・ミシェレ・ロザさん(35)の顔は、母親としての喜びに満ちていた。

「工場で長い間働いていたので、育休を認めてくれないのはおかしいと思った」と振り返る。

7・26雇い止め撤回!総決起集会が大成功!

 7・26総決起集会は大成功しました。真新しい郵政非正規ユニオンの旗とのぼりが正面に掲げられ、齋藤委員長が「この社会を変えるために起ち上がった。1000名は勿論、1万名を組織して闘う」と宣言しました。会場は、圧倒的な拍手で新生ユニオンをたたえ共に闘うことを決意した。これほどの感動はない。郵政非正規労働者16万の反乱の開始が目の前で始まったのです。写真は、団結がんばろう!ですが、真ん中の齋藤委員長が音頭をとりました。

 齋藤委員長の「郵政非正規ユニオン加入の訴え」がビラとして出されました。裏面は、「組合加入申請書」になっています。

組合加入書

郵政非正規ユニオン規約_1_

労働相談Q&A 「労働相談、その後」

6月9日のHPに「労働相談Q&A」として、宮城連帯ユニオンからの「雇用保険の不支給決定」を掲載しました。今回、「労働相談、その後」として再度便りがありましたので、紹介します。
●おはようございます。雇用保険不支給決定についての労働相談のその後について、報告します。

 先日は私たちの相談へ、東京東部ユニオン、西部ユニオン、東海合同労組の皆さんから親切なアドバイスをいただきありがとうございました。私たちの組合で検討した結果、まず労働組合の団交中でも仮給付を認めろ!とハローワークに申し入れることにし、別紙のとおり6月23日に4名で仙台公共職業安定所長に申し入れを行いました。
 申し入れの要旨は、団体交渉は憲法・労働組合法に認められた権利だ。しかるにハローワークは仮給付を認める範囲を裁判や地方労働委員会など公の機関への申し立てに限り、団体交渉を行っていることを解雇をめぐって係争中であると認めていない。これは団体交渉権を実質的に否定する不当な見解だ。団交中でも仮給付を即刻認めろ!というものです。

”労働相談”ニュース 非正規ひずみ 70年代後半生まれに集中

7月8日、東京新聞に掲載された記事を”労働相談”ニュースとして紹介します。

【経済】

非正規ひずみ 70年代後半生まれに集中

2011年7月8日 夕刊

一九七〇年代後半生まれの「ポスト団塊ジュニア」の男性は、他世代に比べて非正規雇用から抜け出せない人の割合が高く、九〇年代から本格化した派遣社員など非正規拡大のひずみが集中した-。こうした世代論を展開した二〇一一年版の労働経済白書を、厚生労働省が八日発表した。白書は職業訓練の拡充などを通じて、正規雇用への転換を支援すべきだと訴えた。
白書によると、バブル経済崩壊後、企業が進めた非正規拡大や採用抑制が、七〇年代以降生まれの雇用を直撃。特に七〇年代後半生まれの男性は、非正規の割合が10%台半ば付近に高止まりしたまま三十代に達したと指摘した。