台湾富士ゼロックス労働組合の無期限ストに連帯する 台湾富士ゼロックス労働組合の無期限ストライキへの連帯メッセージ

台湾富士ゼロックス労働組合の無期限ストに連帯する!

台湾富士ゼロックス労働組合の無期限ストライキへの連帯メッセージ

合同・一般労働組合全国協議会

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

臺灣的富士全錄工會的各位!

看到您們振奮人心的罷工,我們日本的「全日本聯合一般工會全國協議會」想表達團結的問候。

為了大家的生存而拼命的戰鬥,是工人的訴求。為了資本的利潤,把工人當做低工資的奴隸,一次性使用,破壞工會和團結的做法,特別是日本的大企業稱為「全球化」,在全球推行著。為此,我們日本的勞動者也必須視作為自己的問題,和你們一起戰鬥。

「工人沒有國境」。感謝大家的聯合呼籲。我們工會決心不僅侷限在日本,也與全世界的勞動者階級的利害鬥爭相與共,我們在日本也會推進反對富士全錄總公司的惡行的行動。一起戰鬥吧!

 2018年10月27日

 全日本聯合一般工會全國協議會

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

台湾富士ゼロックス労働組合の無期限ストに連帯する!

台湾の富士ゼロックス労働組合400名が無期限のストライキに突入した。

富士フイルムHD古森重隆会長兼CEOはJR東海の葛西とともに「四季の会」を作って、早くから安倍晋三を支えてきた人物だ。古森は液晶用フイルムに代表される高機能材料や、子会社の富士ゼロックスが手掛ける複合機などのドキュメント、後に医薬品や化粧品にまで業容が拡大したメディカル・サイエンスなど、6つの事業分野を新たな成長の核に据えた。富士ゼロックスは米ゼロックスとの合弁会社であったが、ゼロックスの株を取得して今年から経営を一本化、商標も統一した。AGC旭硝子と同様にグローバル展開で、業界支配を確立しようとしている。

 その富士ゼロックスが、まず打ち出したのが、世界で4万7千人の従業員のうち1万人の人員削減、年間で約500億円のコスト削減である。1万人の過半は「海外従業員」になると言われている。

 台湾富士ゼロックス労働組合は言う。

 『台湾富士ゼロックスは黒字を上げているのにも関わらず、300名、つまり全社員の30パーセントのリストラを‘配分’された。その後、会社側は大量の社員の勤務評定を大幅に過低評価した。社員は今不安の毎日を過ごしている。今回のリストラ計画について、会社側は今まで一度も台湾富士ゼロックス労働組合と交渉したことがない。日本の親会社の命令一つで、台湾の労働者は犠牲をしいられなければならないのか?…日本の資本家は植民地の考えで台湾の労働者を対しているのか?』

 『活路を求めるために、我々はただ自分の仕事場で革命を起こすしかない。…台湾各地にある組合員、団結しよう。私たちは遠くにある日本の財閥に運命を左右されることを拒否し、自分の未来を掌握しよう。対等交渉をしろ!日本資本は植民地扱いをやめろ!日本の同志たちにも呼びかける!労働者には国境はないだ!私たち台湾人労働者のストライキに支持を送ってください!』

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

台湾富士ゼロックス労働組合の無期限ストライキへの連帯メッセージ

台湾の富士ゼロックス労働組合のみなさん!

 みなさんのすばらしいストライキに、日本の合同一般労働組合全国協議会から連帯のあいさつを送ります。

 みなさんの生きるためのギリギリの闘いは労働者の希望です。資本の利潤のためには、労働者を低賃金の奴隷にし、使い捨てにして、労働組合と団結を破壊するやり方。とりわけ日本の大企業が「グローバル展開」と称して世界で進めるこのやり方を、私たち日本の労働者も自分たちの問題として、ともに闘う必要があります。

 「労働者に国境はない」。みなさんの連帯の呼びかけに感謝します。全世界の労働者階級の利害をかけて闘う労働組合を、日本から大きく作り出していく決意とともに、日本でも富士ゼロックス本社の悪行を許さない取組を進めます。ともに闘いましょう!

2018年10月27日

日本国・合同一般労働組合全国協議会

全国協ニュース第153号(2018年10月15日)

全国協ニュース第153号(2018年10月15日)

全国協第10回定期大会が大成功!

11・4全国労働者総決起集会 1万人結集で改憲案提出を阻もう

壹貫田 康博(合同一般労組全国協副代表・広島連帯ユニオン書記長)

   

 全国協は10月8日に第10回定期大会を開催し、安倍政権による「働き方改革」攻撃と職場・地域で闘い、それと一体で「改憲・戦争阻止!大行進」運動の先頭に立つことを宣言した。何としても11月4日の「全国労働者総決起集会」と「改憲・戦争阻止!大行進」の成功へ、1万人結集を実現し安倍政権による臨時国会への改憲案提出を阻止しよう。
 関西生コン支部に対する共謀罪弾圧は、戦争にむけた労働組合解体攻撃そのものだ。大会では、関西生コン支部弾圧粉砕の決議をあげ、共に闘う決意を明らかにした。労働組合としてまったく当然の闘いに追いつめられたゼネコン等巨大資本と、国家権力が一体となって労働組合活動そのものを弾圧する攻撃だ。全国協に加盟しているレイバーユニオン福岡の仲間にも、不当な弾圧がかけられている。戦時型の弾圧をともに跳ね返して闘おう。

全国協ニュース第152号(2018年09月18日)

全国協ニュース第152号(2018年09月18日)

全国協議会第11回大会の成功を勝ち取り、
改憲絶対阻止の歴史的決戦に打って出よう!

一般合同労組さいたまユニオン 執行委員長 田畑典保

 全国の仲間の皆さん。10月8日に行われる第11回大会へ向け訴えます。ついに時代は、戦争か革命かが問われる時代に突入しました。今大会は、あらゆる意味で歴史を画する闘いへの咆哮となります。労働者の、労働者のための社会の樹立。この壮大な目論見を、まさに今実現する時代に突入したということです。

 

全国協ニュース第151号(2018年08月29日)

全国協ニュース第151号(2018年08月29日)

改憲発議絶対反対・安倍打倒の9月決戦へ

合同・一般労組全国協が先頭に立とう!

麻生派が参院選までに国民投票をと安倍に提言

 

 安倍は8月12日、下関で講演し、自民党としての改憲案を秋の臨時国会に提示することを表明した。そのために、9月7日告示ー20日投開票の自民党総裁選での「圧勝」をもって「党内の改憲案の議論に終止符を打つ」と言っている。
 8月28日、東京新聞朝刊は「『国民投票 参院選までに』総裁選、麻生派提言に賛同」という見出しで、安倍が27日に麻生派から、改憲の国民投票を来年夏の参院選までに実施するよう求める政策提言を受け取ったと報じた。「2020年の新憲法施行という目標に向け、期限を区切って改憲手続きを進める姿勢を一層前面に出すことで、総裁選後に改憲の流れを加速させる狙いがある。」というのが東京新聞の分析である。

全国協ニュース第150号(2018年08月08日)

全国協ニュース第150号(2018年08月08日)

8・5-6広島、8・9長崎闘争から
9月改憲発議絶対阻止の闘いへ

 

 安倍の改憲・戦争攻撃の激化は、核武装への突進だ。8・5~6ヒロシマ、8・8~9長崎は、これと真っ向から激突し、今秋・改憲決戦への突入をかちとる闘いだ。
 米朝の「非核化」交渉の頓挫・破綻によって、戦争の危機は深まっている。米帝・トランプのイラン合意破棄は、中東・世界に朝鮮半島をうわまわる核戦争の危機を醸成している。何よりも安倍は改憲と一体の核武装の衝動を激化させている。

全国協ニュース第149号(2018年07月16日)

  

全国協ニュース第149号(2018年07月16日)

西日本豪雨」被災支援カンパの要請
カンパ送り先:郵便振替 加入者名:「百万人署名運動・岡山」 番号01340-0-43883

 動労西日本書記長の山田さんからカンパの支援要請が為されています。それを受けて広島の壹貫田さんからも岡山へのカンパの集中が呼び掛けられました。広島も愛媛も岡山も大被害に遭っています。7月13日段階で死者の数は200名を超えて、2千名の人が孤立状態にあると言われています。被災の状況はこれから全体像が分かるかと思いますが、岡山、広島、さらに全国労働組合交流センターの支援カンパの要請を受けて合同・一般労働組合全国協議会としても全力で支援パンパを取りくみたいと考えます。現在のところ上記の口座に集中するように要請されているので、カンパをお願いします。