全国協ニュース第148号(2018年06月18日)

全国協ニュース第148号(2018年06月18日)

改憲そのものの働き方改革関連法を廃案に!

合同・一般労働組合全国協議会事務局長 小泉義秀

安倍は過労死家族の訴えを聞け!

 6月10日の国会前では過労死遺族の佐戸恵美子さんが以下のように発言しました。佐戸さんは娘(佐戸未和さん)がNHKの記者で、過労死しています。
 「死後、上司には『記者は時間管理ではなく、裁量労働で個人事業主のようなもの』と何度も言われました。労働時間を自己管理できずに死んでいった未和が悪かった、と言われているようでした。制度を乱用した労務管理の怠慢による明らかな人災でした。

鈴コン闘争 勝利報告集会が大成功

6・10鈴コン闘争勝利報告集会が大成功!

第二ステージへの突入を宣言!

支援共闘会議第七回総会を共にかちとる!

 6月10日東京西部ユニオン・鈴コン分会闘争勝利報告集会が68名の結集をもって開催されました。なお、この日は鈴コン闘争支援共闘会議第七回大会を併せて行い、盛大な集会となりました。鈴コン分会からの基調報告は9年間におよぶ闘いが簡潔に報告され、その一つ一つの闘いが参加者全員の鈴コン闘争参加の思いと結合し、改めての感動を呼ぶものとなりました。分会結成以来、非正規職労働者が9年間の闘いを通してついに田口組合員の「解雇撤回」を勝ちとったことは決定的であり、この勝利は単に一組合の勝利という枠を超えて非正規職労働者全体の未来を切り開くものとなっています。

 それから、この鈴コン分会の勝利は、支援共闘会議の援助が大きな役割を果たしていることを改めて確認する場ともなりました。花輪さんをはじめとした戦後労働運動の戦闘的歴史をにないぬいてきた面々が、ここに鈴コン支援闘争としてスクラムを組んで闘いぬくということはものすごいことであり、その闘いぶりには本当に感動させられました。鈴コン分会への全幅の信頼とそこからくる献身的関わりをまじかにみて、労働運動とはこういうことなのかと何度も頭の下がる思いで確認させられるものとなりました。

 そして、集会では「鈴コン分会の第二ステージへの突入」を圧倒的拍手で確認しました。「田口組合員解雇と一体だった分会破壊攻撃にも決着をつけ、職場の多数派になる時がいよいよ来ました」との宣言が発せられたのです。全国協は、情勢が世界戦争へむけて激化するなかにあって、3月に立ち上げた「改憲・戦争阻止!大行進」運動の推進を国鉄決戦と一体となって闘いぬく、とりわけ「7・1国鉄闘争全国運動 全国集会」の成功をかちとることを訴えます。鈴コン分会の職場闘争を先頭に拠点職場建設を押し進め、職場闘争からの決起で戦争を止める闘いに立ち上がりましょう。

全国協ニュース第147号(2018年06月04日)

全国協ニュース第147号(2018年06月04日)

泉佐野市議選で中川候補大奮闘!

改憲・戦争阻止、安倍打倒の労働者住民決起を実現した!

関西合同労組執行委員長 黒瀬 博匡

  

 全国の仲間のみなさん、泉佐野市議選決戦への多くの仲間の結集、カンパ、檄布の集中など、ありがとうございました。組合事務所の壁は今も真っ赤な檄布で埋め尽くされています。全国の支援を受け、全国協の組織内候補として中川いくこを立て、関西合同労組は思いっきり闘い抜くことができました。私たちは朝鮮侵略戦争の切迫と改憲攻撃という情勢に対して、ここで立ってこそ労働者階級の未来が切り開けるという決断をもって飛躍的な闘いをやり抜いたのです。最後の最後まで攻め抜いた闘いが981票(5票差の次点)まで情勢を押し上げたのです。981票は暴風雨をものともしない戦争と改憲への絶対反対票であり、未来を開く団結の登場です。

労組が前面に立って闘った選挙戦

 今回選挙は泉州支部書記長の中川いくこを押し立てた労働組合の闘いそのものでした。4回に及ぶ全戸ビラ15万枚は関西合同労組泉州支部発行であり、街頭宣伝でも組合ののぼり旗を立て、組合の宣伝カーを走らせました。中川は関空絶対反対住民の会代表、婦人民主クラブ泉州支部代表でもありますが、「労働運動やってる人ですね」という住民の反応がどんどん上がっていきました。

全国協ニュース第146号(2018年05月14日)

全国協ニュース第146号(2018年05月14日)


「改憲・戦争阻止! 大行進」運動の先頭に全国協が立とう!

「歴史的な板門店宣言を73年分断体制を終息させる最終指針にしよう」(民主労総4・27声明)と固く連帯して闘いぬこう!

 韓国民主労総は4月27日、南北首脳会談を受けて、直ちに以下の「声明」を発表し、闘いに立ち上がっている。我々も旭非正規職支会の仲間との血盟にかけて、この「声明」に向き合い、民主労総と固く連帯して闘いぬこう!(以下抜粋)

 2018年4月27日、南北首脳会談で「韓半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」が共同発表された。統一と朝鮮半島平和のために南と北の首脳が出会って発表した3回目の歴史的な共同宣言だ。…
…そればかりか、平和協定締結と朝鮮半島戦争威嚇に対抗した反戦平和闘争、戦争の危機を加速する軍事演習中断闘争、最近では星州韶成里のTHAAD設置を阻止するための闘争など、朝鮮半島平和のための闘争も主動的にしてきた。…
 これに民主労総は板門店宣言が反復される朝鮮半島での戦争の威嚇を根本的に解消し、南北間の対決と緊張の激化を解消する政府、民間交流の活性化と諸般の措置を推進することに合意したという点でまた一度歓迎し、誰よりも主体的に板門店宣言を実質的に履行するための実践と活動に動くだろう。まず、民主労総は南北労働者代表者会議を積極的に推進するだろう。板門店宣言が南北労働者の自主的な交流を積極的に保障する契機になると信じる。

5・3憲法デモに決起! 改憲・戦争阻止大行進のデモが銀座を進撃

5・3憲法デモに決起!

改憲・戦争阻止大行進のデモが銀座を進撃!

天皇主義右翼の妨害をはねのけ、沿道の市民が一緒になって大成功を勝ちとる!

 今、デモが圧倒的に受けています。

 5・1新宿メーデーに続く憲法デモが銀座で行われました。この日は、出発点の新橋から右翼街宣車がマイクでがなり立てる、そして最大の焦点である「数寄屋橋交差点」では右翼のメンバーが隊列に突っ込んできたりするなかで、機動隊員と機動隊車両がデモ隊列の脇を固め、反対車線には右翼街宣車が並ぶといった様子で、激しい激突情勢を作り出していました。

 銀座に向かう過程は、異様な雰囲気がただよい、沿道は市民と外国人観光客で一杯です。市民からは注目度は100%で全員注目といった感じでした。この日は、有明での6万人集会もあり、そこから流れてきたと思われるひとが沿道から手を振りデモにも飛び入り参加していました。それから、外国人の方の反応はノリノリで手を挙げて振り回し、カメラを構えて、なかにはデモに入ってきて中でカメラを回しているといった状況でした。

 右翼との「激突」は3・25品川と続いていますが、改憲をめぐっての分岐はこういう過程を通して始まるということがよくわかるような闘いでした。

5/1 メーデーに250名が決起! 改憲・戦争反対!「働き方改革」関連法粉砕!安倍を倒そう

5/1 メーデーに250名が決起!

国際連帯を掲げ闘う! 改憲・戦争絶対反対!「働き方改革」関連法案粉砕!安倍を倒そう!

 5月1日新宿メーデーを闘いました。会場は、安倍倒せ!の熱気にあふれ、新宿街頭でのデモには多くの市民の共感を得て、堂々たるデモを貫徹しました。沿道には立ち止まって注目する人でいっぱいでした。なかでも、外国人の方の反応が大きかったのが印象的でした。カメラをかまえ、こぶしをふりあげて、一緒になってはねたり体を動かし、という感じでした。

 全国協は、鈴コン分会の中労委勝利=田口さん解雇撤回をもって臨み、非正規職撤廃を掲げて、職場拠点化にむけて闘うこと、これこそが「改憲・戦争阻止!大行進」運動の核心であることを高らかに宣言しました。

 それから、関西合同労組が全力をあげて取り組んでいる「泉佐野市議選=中川いくこ候補」が重要になっています。全国協は中川さんを組織内候補として絶対に勝利させたい。今最後の最後の決戦に突入しています。5月6日告示・13日投票です。ご協力とご支援を是非お願いします。

 そして、今回強く感じたことは、星野文昭さんを奪還する闘いが身近なものになっているということです。安倍打倒の機運が大きくなっていること、戦争が近づき戦争絶対反対が人々のテーマになっていること、このなかで、韓国のローソク革命がパククネを打倒したことを今度は日本で実現しようというエネルギーが沸いてきていて、それは星野さんの解放を希求するものと一体となって進んでいる!6月3日の四国・高松に全国から集まりましょう!