2月10日、東京新聞記事 「解雇」なのに「自己都合」扱い 失業給付が大幅カット を紹介します。

 2月10日の東京新聞の記事を紹介します。

 

<はたらく>「解雇」なのに「自己都合」扱い 失業給付が大幅カット

2012年2月10日

 自己都合の退職かどうかをめぐるトラブルが後を絶たない。自己都合だと、雇用保険の失業給付が大幅にカットされるからだ。中部地方の元地方公務員の男性は、自己都合かどうかで自治体側と争い、申請が遅れたため全期間分もらえず、二重の減額となった。退職の際は、離職理由の確認を忘れないようにしたい。 (稲田雅文)

 「事実上の解雇だったと思う」。中部地方の自治体で再任用職員として勤め、二〇一〇年三月に退職した六十代の男性は言う。

 〇九年三月に定年退職し、〇九年度は一年契約で働いた。一〇年度も契約更新を望んでいたが、一〇年二月、胆石の手術を受けた際、医師から「がん細胞が見つかった。検査したい」と告げられた。

 うろたえた男性は年度末で最も忙しい時期と分かっていたが、三月下旬に検査を予約した。翌日、上司に半日休暇を申し出ると「検査を延期するか、辞めてください」と言われたという。不本意だったが、退職手続きを進めた。

     ◇

 雇用保険の失業給付を受けるためには、事業主が発行する「離職票」がいる。男性は、退職後に届いた離職票を見て驚いた。離職理由が自己都合とされていた。その上、離職者がこの理由への異議の有無を書く欄には、勝手に「なし」とされ、別人の筆跡で自分の名前が署名され、印鑑まで押されていた。

 違法行為ではないかと感じ、離職票が証拠になると思って手元に保存したため、失業給付の申請手続きが遅れた。結局、八カ月後に申請し、自己都合として百五十日間の給付が認められた。しかし、失業給付が受けられるのは、退職の翌日から一年間という決まりがあるため、期限切れで四十八日分の給付が受けられなかった。もし、会社都合の離職だった場合、この男性の年齢と在職年数では二百四十日間の給付が認められ、退職後間もなく支給が開始されるため、離職理由による差は大きい=図。

 この自治体は取材に対し「離職を強制した事実はない」とし、署名押印をしたのは「ハローワークへの提出期限が迫り、失業給付金の受給に支障が生じないよう、署名の代行をした」と説明する。

     ◇

 「失業給付の受給が遅れないようにと、担当者が悪気なく事後承諾で署名を代行してしまったのだろうが、やってはいけないこと。このケースの場合は、職場にいるうちに本人に署名してもらうべきだったのでは」と話すのは愛知県社会保険労務士会の担当者。「事業主との交渉が嫌なら、ハローワークで事情を説明すれば、救済される場合もある」と速やかな相談を勧める。

 実態は会社都合の離職でも、書類で自己都合とされてしまうケースは多い。公的な補助金を受ける民間の事業主の場合、会社都合の離職者がないことが条件とされるためだ。

 書類上で自己都合となっていても、ハローワークで雇用保険の「特定受給資格者」や「特定理由離職者」と認定されれば、会社都合と同じ給付金がもらえる。セクハラやパワハラを受けたり、「君のポストはない」などと間接的に退職勧奨を受けて辞める状況に追い込まれたりした人が特定受給資格者。非正規労働者の雇い止めのほか、病気や介護、育児などによる離職が特定理由離職者だ。

 「何よりも離職票の離職理由をしっかり確認することが泣き寝入りしないためにも大切」と呼び掛ける。

 離職票と離職理由 雇用保険の申請に必要になる書類で、退職後、会社からもらう。退職に至った経緯が記され、ハローワークが解雇など事業主側の原因で退職する「会社都合」か、労働者の意思で辞める「自己都合」かを審査する。自己都合の場合、退職から3カ月間、失業給付金が出ないほか、会社都合に比べて給付日数が少なくなり、額が大幅に少なくなる。

 
 

東京都産業労働局の「労働情報1月号」に、鈴コン12・22集会記事が掲載されました!

東京都産業労働局が配信している「労働情報1月号」に、12月22日開催された鈴コン集会の記事が掲載されましたので、その部分を引用します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
労働情報 2012年1月号(毎月20日発行)

東京都産業労働局雇用就業部労働環境課労働係
東京都新宿区西新宿2-8-1   TEL:03(5320)4647
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/jyosei/mail/1201.html#1
4 紛争議
(8)鈴木コンクリートにおける紛争議(12.22総決起集会)(池袋事務所調べ)
○団 体 名: 一般合同労働組合東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会 (組合員 6 名)
・所 在 地 杉並区天沼2-3-7 さかいビル2-A
・加入上部団体 一般合同労働組合東京西部ユニオン、合同・一般労働組合全国協議会
・支 援 団 体 全日建運輸連帯関西生コン支部 外3団体
○会 社 名: 鈴木コンクリート株式会社 (従業員  23  名)
・所 在 地 豊島区上池袋4-11-1
・事 業 内 容 建設資材販売等
<集会の概要>
鈴コン分会は、11月19日の緊急集会に引き続き、解雇闘争を支援するための総決起集会を12月22日に北区赤羽会館で開催した。組合員、支援団体等約340名が参加した。
始めに主催者あいさつがあり、合同・一般労働組合全国協議会の小泉氏が「鈴木コンクリート工業では、細切れの契約更新を繰り返して、長い人では20年も働いている。今年の9月には、第2組合との合意を理由に、精勤・皆勤手当の廃止を通告してきた。また、今年8月に亡くなった組合員の名誉回復のための解雇撤回を申し入れているが、会社は団体交渉を拒否している。9月27日に行った1日ストライキを理由として、会社は分会役員への出勤停止処分、解雇通告を行ってきた。これは労働者の団結権を否定するものであり許されない。」と述べた。引き続き、全日建運輸連帯関西生コン支部ほか3団体から連帯あいさつが行われ、檄布が贈られた。
その後、吉本合同・一般労組全国協共同代表より、基調報告が行われ、内尾鈴コン分会長からの報告があり、北部ユニオンによるアピールが行われた。最後に団結ガンバローを三唱し、集会は終了した。

<争議の概要>
鈴木コンクリート工業(株)は豊島区上池袋に本社、板橋区船渡に工場を持つ生コンクリートの製造・運送会社である。
有期雇用のミキサー車運転手が中心となり、2009年7月に労働組合(一般合同労働組合東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会。以下「鈴コン分会」)を結成。団体交渉を重ねてきたが、同年11月に会社は60歳を超えたことを理由としてT組合員を解雇した。同年12月に、鈴コン分会は組合員への解雇撤回を軸とした東京都労働委員会への不当労働行為救済申立てを行った。T組合員が急性脳梗塞により2011年8月に逝去したことから、鈴コン分会は同年9月に再度T組合員の解雇撤回を会社に申し入れたが、会社は団体交渉を拒否。鈴コン分会は、9月27日に1日のストライキを実施した。
会社は、ストライキは就業規則違反として分会長、書記長に1週間の出勤停止処分を行い、11月に入ると4名に対し解雇予告を行った。

労働運動ニュース第15号を発行しました!

 「労働運動ニュース第15号」を発行したので掲載します。

 1面 解雇撤回・非正規職撤廃! 郵政非正規ユニオンの全国化を勝ちとろう!

      日本郵便は新興ブラック企業だ!

 2~3面 労働日誌Labor Watch(1/17~26)

 4面 経営労働政策委員会報告批判

      合同・一般労組全国協議会事務局長 小泉義秀

 News15

 1面記事を紹介します。

  日本郵便は新興ブラック企業だ

 日本郵便は、昨年9月末から非正規職労働者を大量に解雇した。その数は4万6千人に及び、内訳は65歳以上が1万4110人、雇用期間の短い者として2万950人が平成22年5月以降の雇用、1万1451人が平成22年6~7月の雇用となっている。この許し難い解雇攻撃が郵政職場を大混乱状態にたたき込み、郵政労働者を労働地獄に突き落とすものとなっている。郵政労働者とりわけ非正規労働者は「郵政非正規ユニオン」に結集して闘おう!2・15労働者集会に集まろう!

 郵政職場の実態を雑誌「選択(2011年11月号)」からの引用をもって暴露する。(文中の「大見出し」「小見出し」は全国協事務局が付けました) 

 ゆうメイトの解雇

  千葉県船橋支店。正社員200人、契約社員とパート(いわゆる「ゆうメイト」)400人弱が働いてきた同支店が、業務が正常に回らなくなったのは9月末のことだった。65歳以上のゆうメイト80人が一斉に「雇い止め」されたのだ。

 「ゆうメイトさんは、あらゆる業務を正社員と共に支えてきました。集配課で言えば『組立』という業務がある。機械で郵便番号順に区分された郵便物の束を、長年熟知した配達の道(経路)順に効率良く並べる、配達前の必須作業です」と話すのは、同支店のベテラン社員だ。そうした重要な業務を担ってきた人材を突然、しかも大量に切ったため段取りが間に合わず、午後すぐに出たい配達が始まるのが午後4時以降、と言う混乱が常態化しているという。

 出勤・退勤時刻の改ざん

  当然ながら、仕事が終わらなければ既存スタッフに残業させるしかない。だが、残業は会社と過半数組合ないし職場代表が交わす労使協定(36協定)で規制されている。そのため、例えば佐倉支店(千葉)では、管理者がゆうメイトの「期間雇用社員勤務カード」を改ざんし、出勤時刻や退勤時刻を勝手に書き換え、協定違反をごまかす行為も横行している。

  不払い残業=タダ働きは当たり前

  さらに、同支店で作成された「第一集配課小包班の作業に関する取り決め」という内部文書には、午前8時からの日勤者に午前7時30分、深夜0時からの夜勤者には始業45分前からの「準備」を命じ、「準備時間は超勤にはならない」と、早出残業を不払いとする旨がはっきりと記されている始末だ。

 こうした半ば強制的な「タダ働き」が労働基準法に抵触するのは言うまでもない。ある社員は、「最近、労働基準監督署(労基署)にも目をつけられている。まるで新興のブラック企業だ」と自嘲する。

  昼休みの取り上げ

  茨城県の別の支店では、ゆうメイトが昼休みに食堂で休んでいたところ、「昼休みなどとらずに、配達を早く終わらせ定時で帰ることが当たり前。権利云々言うなら転職しろ」と上司から叱責されたとの訴えもある。

  「欠区」「計画配達」の常態化

  「船橋の混乱を、うちは先取りしていました」と明かすのは、出島集配センター(茨城)の中堅社員だ。配達区域の設定が恣意的で必要人員が確保されず、65歳以上のゆうメイト雇い止めも先行的に行われたからだ、という。「人員不足のため、日によって全く配達しないエリアが出てきてしまう。これを『欠区』と言います。実際に2~3日配られなかった区もあった」との証言もある。

それから、今日配るべき郵便物を明日に回すことを、『計画配送』と呼んでいる。郵便事業会社の機能不全がいかに深刻かが垣間見える。

経営労働政策委員会報告批判

 小泉事務局長から「経労委批判」が寄せられたので掲載します。(全国協事務局)

 経営労働政策委員会報告批判  

               合同・一般労組全国協事務局長 小泉義秀

『経営労働政策委員会報告・2012年版』が1月24日に発表されました。今回のタイトルは「危機を乗り越え、労使で成長を切り拓く」です。『序文』の米倉の『重要なる視点』は「我々がなすべきは、ひたむきに企業活動を活性化させ、『ゆるぎない企業の基盤づくり』に取り組むことだ。その際に重要となる視点は4つある」として、「第一は、マインドセット(心構え)」「第二はビジョン(目標)」「第三は、パワー(力)」「第四は、パートナーシップ(協力・協働)」を並べ、『労使が企業の存続と発展をともにめざすことこそが、双方にとって果実をもたらす』としています。しかし、心構えも、目標も力もない日帝がよりすがるのは連合です。最重要の視点は第四の(協力・協働)にあり、連合の協力なしに進まないということであり、労働組合を巡る攻防が一切を規定しているということです。

 その上での最大の焦点は非正規雇用労働問題です。『労使間で見解が異なる論点に関する主張(その1)「①労働市場を巡る規制強化の動きとその影響」では「有期労働契約、高齢者雇用、労働者派遣制度に関する規制強化の方向は、本来、契約当事者の合意によって結ばれる労働契約について、成立や申し込みを一方的に強制する点があることで共通しています。企業の『採用の自由』を侵害し、直接雇用や再雇用、無期雇用を強制するような法規制のあり方は、労働市場に大きな混乱をもたらしかねない」(11頁)「非正規雇用に関しては、好ましくない労働契約であるといった見方もあるが、経営者にとって、すべての従業員は企業を支える大切な人材であり、そうした見方は実態に合わない。経済のグローバル化が進むなか、正規労働者で終身雇用が当たり前という考え方はあらためる時期にきていると言えよう」(13頁)とあけすけに述べています。正規雇用を無くして、非正規雇用労働に置き換えていくという1995年の「労働問題研究会報告」で打ち出した9割非正規職化しか、日帝が生き残る道はないということを強調しています。

 『労使間で見解が異なる論点に関する経営側の主張(その2)』は最低賃金制の問題です。一部の地域を除いて一律10円の最低賃金を引き上げたことが許せないと、最低賃金の決定に関わる人間をドウカツしているのです。「最低賃金引き上げによって、雇用調整や自主廃業、倒産に追い込まれる企業が出てからでは取り返しがつかないことを、最低賃金の決定に係るすべての者は肝に銘じておくべきであろう」(18頁)。資本との攻防の最大の焦点が賃金問題であることを示しています。地域最賃の最低は沖縄・岩手・高知の645円です。645円というのは一日8時間働いて5160円にしかならない額です。この額は労働力を再生産できない金額です。この最低賃金を10円上げることに抵抗する、日帝ブルジョアジーを1日も早く打倒しなければ労働者は生きていくことはできません。

「⑤労働規制の見直し」「高度な外国人材の受け入れ体制の整備、今後の成長分野を支える外国人看護師・介護福祉士の活躍機会拡大(国家試験における英語表記の拡充、現地における入国前研修の充実)などを進める」(32頁)は在留カードと一体です。日帝は研究者や医師、経営者ら専門的知識を持つ外国人にもっと来てもらおうと、「ポイント制」を導入しようとしています。学歴や年収に応じて点数をつけて「高度人材」と認定すれば日本で原則10年以上暮らさないと受けられない永住許可を5年で得られるようにするというのです。例えば博士号を持つ者は30ポイント。年収1000万円以上は40ポイントなど。70点がその基準です。ポイント制で『高度な外国人材』に在留資格を与え、非正規の難民を排除しようとする入管体制の強化を許してはなりません。

その上で核心は「第3章 今次労使交渉・協議に対する経営側の基本姿勢」です。『毎年誰もが自動的に昇給する定期昇給は、個々人の貢献・能力発揮が見られない場合にも、昇給する分の賃金の積み上げがあるため、仕事・役割・貢献度と適切な賃金水準との乖離が生じやすい』(59頁)と述べて定期昇給制度を解体しようとしています。一時金については「賞与・一時金の『個別化』を適切に進めることが重要』(60頁)と一時金の考査査定割合を拡大しようとしているのです。

 「①非正規労働者の処遇改善要求について」という項では、「非正規労働者の処遇については、すべての従業員の総額人件費の問題として捉える視点が重要であり、非正規労働者の処遇だけを取り上げて改善を図ることは、雇用の減少をまねきかねず不適当であると考える。正規労働者、非正規労働者を問わず、従事する仕事や人材活用などは様々であり人によって仕事の成果も異なる。…正規労働者と非正規労働者の処遇を定型的に捉えることは雇用の多様性を無視することになる」(66頁)と正規と非正規を分断・固定化し、非正規雇用労働者モノ扱いにしてはばかりません。「総額人件費の問題として捉える」ことにより、非正規雇用労働者の労働条件を改善するということは、正規雇用の労働条件を切り下げることを意味し、正規雇用の労働条件を守ろうとすると、非正規雇用労働者が首を切られ、更なる非正規に落としこめられるという関係です。この正規と非正規を分断して対立させる構造を粉砕しなければなりません。

 福島第一原発の問題に一言も触れていないのは日帝ブルジョアジーの無責任極まりなさを示しています。第一章は『東日本大震災からの復興』ですが、地震に言及しても原発の「げ」の字もありません。原発を主力産業にしてきながら原発をブラックボックスにして2012年の「経営労働政策」を語っている点に脱落帝国主義の破産的姿があります。怒りを持って2012年「経営労働政策委員会報告」を弾劾しましょう!

2012年第1弾(通算7弾目)原発とめろ新橋アクション

1月24日夕刻より2012年第1弾(通算7弾目)の「原発とめろ! 新橋アクション」がうちぬかれました。関東地方に深夜から朝方に降り積もった雪と寒波をもろともせず新橋駅前のSL広場での街宣につづいていつもの桜田公園からのデモに出発。

 

経産省前のテント活動に対して当局や警察権力と右翼が結託して「27日までにテントを撤去せよ」という許し難い通告があったと伝えられ参加者の怒りは倍増。

東電本社への抗議デモ後にもフリートークがおこなわれ、神奈川や静岡など各地から、また「な全」の事務局などから2月の闘いからさらに、3・11福島現地(郡山)へ大挙して集会に参加しようとアピールが訴えられました。

2月24日(金)に新橋アクション講演・学習企画の第3弾、

『原発事故と裁判所の責任」・高山俊吉弁護士 が開催されます。

南部労政会館(JR大崎駅南改札口3分)18時30分~ です。

(東電本社前で原発即時全面停止と事故の責任をとれと抗議のデモ行進をおこなうデモの隊列)

1月23日、鈴コン分会が門前抗議行動に決起!6日に続いて門前で労働者との交流を実現!再び「闘い抜いて職場復帰を勝ちとる」と宣言!

 

 

 

 

 

 鈴コン分会は、1月6日の新年冒頭の決起に続いて、23日再び正門前に登場し「闘い抜いて、必ず職場に復帰する」ことを力強く宣言しました。この日もユニオンの仲間が合流し、熱い闘いが展開されました。今回は、初めて参加した仲間へのインタビューをもっての報告とします。

 (初めて参加しての感想はどうでしたか) 少し緊張しました。正門前にビデオカメラが設置されていて、そこに人が立っていて異様な光景だなと思いました。だけど、吉本さんらがマイクを握って元気にアジテーションを始めるなかで落ち着いてきました。

 (特に印象に残ったことはありますか) 正門を出入りする労働者がこちらに向かって、手を振ったり、ミキサー車のクラクションを鳴らして呼応するのにはびっくりしました。私も何度か他の争議に応援にいったことがありますが、こういう交流が成されているのは初めて見ました。

 (他にはどうですか) 傑作だったのは、マイクのアジテーションでした。「職場で働く皆さん!ごくろうさんです。今日も一日安全運転で元気でがんばりましょう!」みたいなことを言うわけですよ。これって、考えてみればおかしいですよね。会社のえらいさんが訓辞をたれるようなものでしょう。これを、解雇された当該が堂々としゃべるわけです。これを聞いて、「仕事を回しているのはわしらなんだ」ということがあるんだなと、つくづく思いました。鈴コン分会というところはすごいところだと思いましたよ。

 夕方は、午後17時~18時半まで「浮間舟渡駅」前での街宣行動に打って出ました。天候不順のなかでの訴えと署名活動になりましたが、多くの激励と支援を受けて益々元気になりました。